【2022年】世界のEC市場の動向と越境EC市場についてカンタンにまとめてみた

【2022年】世界のEC市場の動向と越境EC市場についてカンタンにまとめてみた ECサイト構築・運営
この記事は約5分で読めます。

世界のBtoC-EC市場

2021年は世界的な新型コロナウイルス感染症拡大を背景に、EC需要が増加し市場規模及びEC化率の増加した。
今後も世界規模で小売分野でのEC化が拡大する予測される。

世界のBtoC-EC市場規模

EC市場規模 EC化率
2019 3.35兆USドル 13.8%
2020 4.21兆USドル 17.8%
2021 4.92兆USドル 19.6%
2022 5.55兆USドル 21.0%
2023 6.17兆USドル 22.3%
2024 6.77兆USドル 23.4%
2025 7.39兆USドル 24.5%

国別EC市場シェア

2021年の国別BtoC-EC市場規模は以下の通りである。
中国の市場規模の大きさが際立っており、中国で市場の50%以上を占めている。
また、中国とアメリカの2国で71.1%のシェアとなっている。

市場シェア
中国 82.1%
アメリカ 19.0%
イギリス 4.8%
日本 3.0%
韓国 2.5%
ドイツ 2.1%
フランス 1.6%
インド 1.4%
カナダ 1.3%
ブラジル 0.8%
その他 11.4%

世界の越境EC市場

2019年の世界の越境EC市場規模は7,800億USドルと推計され、その値は2026年には4兆8,200億USドルにまで拡大すると予測されている。

大幅な拡大の背景としては以下が考えられる。

消費者目線としての背景

  • 越境ECの認知度の上昇
  • 自国にはない商品への取得欲求
  • 自国よりも安価に入手できるものがある
  • 商品やメーカーに対する信頼性

事業者目線としての背景

  • 越境ECによって消費者ターゲットを世界に拡大しようとする積極姿勢
  • 物流レベルの向上

中国におけるEC市場動向

中国におけるEC市場規模

2021年の中国におけるEC市場規模は2兆4,886億USドル。
2025年にはEC市場規模は3兆6,159億USドルへ拡大すると想定されている。

中国の越境 EC 市場規模

2021年の越境EC市場規模は1,773億USドル。
2023年の同市場の市場規模は2,209億USドルへ拡大すると想定されている。

中国の越境ECの特徴

越境ECサイトのシェア

以下は中国における越境ECサイトのシェアである。

サイト シェア
天猫(Tmall) 36.8%
網易考拉(Kaola.com) 27.4%
京東(JD.com) 13.9%
唯品会(vip.com) 8.3%
アマゾン(Amazon.cn) 4.3%
その他 9.3%

越境EC利用者の年齢層

以下は中国における越境EC利用者の年齢層の分布である。

年齢層 シェア
18〜24歳 19%
25〜34歳 34%
35〜44歳 21%
45〜54歳 17%
55〜64歳 8%
65歳以上 0%

越境ECのデバイス

以下は中国において越境ECを利用する際のデバイスの種類である。

デバイス シェア
スマートフォン 96%
ノートパソコン 47%

越境ECの決済方法

以下は中国において越境ECを利用する際の決済方法である。

決済方法 シェア
ALIPAY(アリペイ) 43%
クレジットカード 42%
中国銀聯 37%

越境EC利用者の商品の見つけ方

以下は越境EC利用者の商品の見つけ方についての調査結果である。

商品の見つけ方 シェア
アイテム/ブランドの検索 64%
SNS 47%
友人/家族 45%

越境ECをしてでも日本の商品を購入したい理由

以下は越境ECを活用してでも日本の商品を購入したい理由である。

日本商品を購入したい理由 シェア
自国で購入できないから 77%
価格が安いから 37%
品質がよいから 31%
日本ブランドに安心を感じるから 26%
デザイン性が高いから 13%

コロナ後、越境ECで購入したい日本の商品

以下は新型コロナウイルス感染症拡大が収束し、訪日が可能になった場合、越境ECの利用で購入したい日本の商品を尋ねた結果である。

コロナ後、越境ECで濃くにゅうしたい日本商品 シェア
おもちゃ、ゲーム、アニメグッズ 48%
本・DVD/CD・エンタメ 41%
家電製品、カメラ、AV機器 32%
日用品、文房具、DIY 25%
ファッション 22%
美容、健康 18%
食品・飲料 15%
インテリア・キッチン・生活雑貨 14%

訪日外客数と越境ECの関係(中国・米国)

外国人による訪日と越境ECには密接な関係がある。
日本滞在時に、実際に商品に触れた経験、自分自身の目で確認できた経験、信頼できると認識した経験が起点となり、越境ECの利用が促進されている。
また、訪日後のリピート買いに越境ECを利用したいとも考えている。

米国におけるEC市場動向

米国小売市場規模

2021年の米国における小売市場規模は6兆5,866億USドル(前年比18.1%増)と推計される。

米国EC市場規模

2021年の米国におけるEC市場規模は前年比14.6%増の8,707億USドル、小売市場に占めるEC市場の割合は13.2%と推計される。

商材 EC市場規模
(億USドル)
前年比 EC化率
衣類・雑貨 1,505 13.5% 11.9%
家具、建材、電子機器 1,109 1.1% 13.4%
車・車用品 650 30.8% 4.2%
その他 629 10.0% 2.8%
無店舗型販売 4,816 16.4% 65.5%
合計 8,708 14.2% 13.2%

米国EC事業者シェア

以下の図表は米国EC市場における事業者シェアトップ10(2021年)である。

EC事業者 シェア
サードパーティー事業者 23.3%
Amazon.com Inc 17.4%
Walmart Inc 6.5%
Apple Inc 5.3%
eBay Inc 4.5%
Target Corp 2.3%
Best Buy Co Inc 2.2%
Home Depot Inc, The 2.1%
Kroger Co 2.0%
Wayfair LLC 1.5%

お気軽にご相談ください

お気軽にご相談ください

タイトルとURLをコピーしました