ヤフオク!をECとして活用するのもアリ?

ECサイト構築・運営
この記事は約2分で読めます。
株式会社サンクユーは売れるECサイト構築が得意なweb制作会社です。
ECサイトの構築・運営に関するお役立ち情報を発信しています。
今回のテーマは『ヤフオク!をECとして活用するのもアリ?』です。

ネットオークションのヤフオク!が興味深いサービスを開始するようです。
まずは、どのようなサービスを開始するのかをご紹介いたします。

配送料が全国一律

1つ目は、以下の条件を満たせば配送料が全国一律になります。
ヤフオク、配送料を全国一律に

  • 配送業者にヤマト運輸か日本郵便を指定する
  • 出品者が送料を負担する

遠方だと最大約7割安くなり、かつ差額はヤフーが負担してくれるそうです。
例えば、ヤマト運輸で3辺の合計が120センチメートルで15キログラム以内の商品を北海道から沖縄まで送る場合、通常であれば3,456円掛かるところ、このサービスを利用すれば1,000円しか掛かりません。

最近、各配送業者の配送料が値上げてしており、EC事業者にとってはかなり負担になっています。
ヤフオクへの手数料が発生するとは言え、自社ECで商品を販売しながら別チャンネルでヤフオクを利用するのもアリではないでしょうか。

台湾から落札可能に

2つ目は、ヤフー台湾のオークションサイトを利用している台湾の方が、日本のヤフオク!に出品されている商品を落札できるというものです。
ヤフオク!、台湾から落札可能に

台湾は親日で、日本の文化や製品にとてもl興味・関心を持っています。
海外に向けた越境ECサイトを構築するのはとてもコストが掛かります。
台湾へのEC展開を検討しているのであれば、まずはヤフオク!を利用し自社製品の台湾での反響を確認してみるのも一つの手だと思います。
ヤフオク!を通して台湾で売れる確信を持てたなら、コストを投下し本格的に越境ECに乗り出せばよいと思います。

今回の新サービス開始に伴い、ヤフオク!をオークションサイトとして利用するのではなく、ECサイトとして利用するのもアリではないかと思います。

タイトルとURLをコピーしました