【EC-CUBEプラグイン解説】taba secure 2段階認証。管理画面に2段階認証を導入することができる。

【EC-CUBEプラグイン解説】taba secure 2段階認証。管理画面に2段階認証を導入することができる。 EC-CUBEプラグイン解説
この記事は約2分で読めます。

taba secure 2段階認証プラグイン

taba secure 2段階認証
taba secure 2段階認証 プラグイン for EC-CUBE 4」は、管理画面へのログインに2段階認証を実装することができます。
管理画面のセキュリティ強化が可能となります。

taba secure 2段階認証プラグインの利用方法

taba secure 2段階認証プラグインの利用方法をご説明します。

iPhoneやスマホに「Google Authenticator」をインストールする

2段階認証はGoogle Authenticatorを利用します。
その為、iPhoneやスマホに「Google Authenticator」アプリをインストールします。
iPhoneの場合、AppStoreからダウンロードします。
iPhoneの場合AppStoreからダウンロードする

Google Authenticator on the App Store

Google 認証システム – Google Play のアプリ

taba secureメニューを開く

プラグインをインストール・有効化すると、管理画面のメニューにtaba secureが追加されます。
taba secureメニューが追加される

taba secure2段階認証画面では管理画面のユーザーが一覧表示されています。
taba secure2段階認証画面では管理画面のユーザーが一覧表示されている

QRコードを「Google Authenticator」アプリで読み取る

taba secure2段階認証画面の[登録]ボタンをクリックします。
するとQRコードが表示されますので、「Google Authenticator」アプリで読み取ります。
QRコードを「Google Authenticator」アプリで読み取る

iPhoneで「Google Authenticator」を立ち上げる。
iPhoneで「Google Authenticator」を立ち上げる

taba secure2段階認証画面に表示されたQRコードを「Google Authenticator」アプリで読み取ると、トークンコードが表示されます。
「Google Authenticator」でトークンコードが表示される

「Google Authenticator」アプリに表示されたトークンコードを「デバイストークン」に入力し[登録]ボタンをクリックします。
これで2段階認証用デバイスが登録されました。
2段階認証用デバイスが登録される

2段階認証用デバイス登録後に管理画面にログインする

2段階認証用デバイス登録後に管理画面にログインします。
まずは通常のEC-CUBE管理画面のログイン画面が表示されます。
通常のEC-CUBE管理画面ログイン画面が表示される

ログイン情報を入力しログインすると、次にトークン入力画面が表示されます。
これが2段階認証となります。
「Google Authenticator」アプリを立ち上げるとコードが表示されているので、デバイストークン入力欄にコードを入力し[2段階認証]ボタンをクリックします。
2段階認証

「通常のログイン認証」と「デバイス認証」の2段階認証が完了すれば、管理画面が表示されます。
2段階認証が完了すれば、管理画面が表示される

本プラグインを利用すると管理画面のセキュリティを強化することが可能です。
ぜひ導入をご検討ください。

タイトルとURLをコピーしました