PayPay銀行のトークンアプリをバージョンアップしたら使えなくなった時の対処法

PayPay銀行のトークンアプリをバージョンアップしたら使えなくなった時の対処法 Apple製品・ガジェット
この記事は約3分で読めます。

ジャパンネット銀行がPayPay銀行へ商号変更

2021年4月5日、ジャパンネット銀行がPayPay銀行に商号変更されました。

銀行名が変わるだけかと思っていたら、管理画面のインターフェイスも少し変更されていました。
少しの変更なのに使い勝手が悪くなってる。。。

例えば、ジャパンネット銀行時代はログアウトボタンはヘッダに配置されていたのに、PayPay銀行からはサイトの最下層に配置が変わっています。
ログアウトボタンをわざわざ最下層に持って行く意味ってあるのかな?
ログアウトする為にいちいちサイトの最下層までスクロールしなければならない。

おそらく意図があってのことだと思いますが、微妙に使い勝手が悪いってタチが悪いですよ。

管理画面に対するクレームはこれくらいにして、今回はトークンのエラーに関しての記事となります。

ジャパンネット銀行時代からトークンによって本人認証を行っている

ジャパンネット銀行はセキュリティ強化の為、取引時に本人認証としてワンタイムパスワードを採用しています。
振込や登録情報変更などの重要な手続きの際に、所有しているトークンに表示されたパスワードを入力することで本人認証を実現しています。

キーホルダー型トークン

一番初めのトークンはキーホルダー型でした。
キーホルダー型トークン

カード型トークン

キーホルダー型の次に出てきたのがカード型トークンです。
カード型になったことでキーホルダー型に比べて収納・持ち運びが楽になりました。
カード型トークン

アプリ型トークン

最新のトークンがアプリ型です。
アプリ型トークン
iPhoneやスマホがあればトークンを利用できます。
ただし、アプリに登録する為にはキーホルダ型トークンやカード型トークンが必要になります。
キーホルダ型トークンやカード型トークンをアプリに移行する形になります。

トークンアプリをアップデートしたら使えなくなった

私はアプリ型トークンに移行していたので、iPhoneさえ手元にあればPayPay銀行の取引をすることができます。
とても便利で気に入っていたのですが、ある日トークンアプリをアップデートしたら初期の登録画面が表示されるようになりました。

再度登録すれば問題ないだろうと、登録処理を進めることにしました。

第1画面で店番号と講座番号を入力。
第1画面で店番号と講座番号を入力

第2画面でログインパスワードを入力。
第2画面でログインパスワードを入力

第3画面でトークンに表示されたワンタイムパスワードを入力。
第3画面でトークンに表示されたワンタイムパスワードを入力

すると、ここでエラー。
第3画面でトークンに表示されたワンタイムパスワードを入力するとエラーが発生

ワンタイムパスワードが一致しません。
ご確認のうえ再度ご入力ください。
誤ったワンタイムパスワードを一定回数以上入力されますと、トークンはロックされ、ロック解除操作が必要となります。
ご注意ください。

ワンタイムパスワードの入力ミスかなと思い、再度トライしてみるとやっぱりエラー。

ネットで調べても出てこない。
私固有の問題なのかな?

もう少し考えてみると、あることに気づきました。
トークンアプリはカード型トークンから移行しています。
ということは、カード型トークンは無効化されているのでは?
だから、カード型トークンに表示されているワンタイムパスワードがエラーになるのでは?

PayPay銀行の管理画面を見てみると、各種手続き(登録・変更)に「ワンタイムパスワード切替登録」がありました。
PayPay管理画面>各種手続き(登録・変更)>ワンタイムパスワード切替登録
こちらでカード型トークンを有効化することで、カード型トークンで表示されるワンタイムパスワードが正常に認証されました。

以上で再度トークンアプリを利用できるようになりましたが、頻繁にこのようなことが発生するようでしたらアプリ型トークンは使い物にならないですね。
暫く様子を見てみたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました