【超かんたん】WineならMacでWindowsアプリが使える

MacでWindowsアプリを使う簡単な方法。Wineなら仮想デスクトップもWindowsOSも不要でWindowsアプリをMacで起動できる。 Apple製品・ガジェット
この記事は約5分で読めます。

使いたいアプリがWindwosにはあるがMacにない

Windowsには多くのソフトウェアがあります。
Macにもアプリはありますが、Windowsには叶いません。

「こんなソフトないかな?」と調べて、Windowsソフトは見つかるのにMacアプリは存在しない。
Macユーザーなら一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

MacでWindowsソフトを利用する方法

MacでWindowsソフトを利用する方法はいくつかあります。

Mac上で動かしたWindowsでソフトを利用する

ひとつはMacで仮想的にWindowsを動かし、そのWindowsでソフトを利用する方法です。
仮想デスクトップソフトを使えばMac上でWindowsを動作させることが可能です。

仮想デスクトップソフトの料金と、Windowsのライセンス料が必要になります。
また、後述の「MacアプリでWindowsソフトを利用する」よりも利用する為に少し手間が掛かります。

仮想デスクトップソフトをご紹介します。

Boot Camp

Boot Camp
Boot Camp – Official Apple Support

Boot CampはIntel CPU搭載MacにWindowsをインストールすることができるAppleのソフトウェアです。
Appleのソフトウェアであること、無料である為、仮想デスクトップソフトを使うならまずBoot Campを検討すべきかと思います。
ただ、Intel CPU搭載のMacしか動作しませんので、Apple M1チップが搭載されているMacでは動作しません。

Apple が Windows インストールに必要なドライバやソフトウェアを提供しているので、安心して利用することができます。また、仮想マシン(VirtualBoxなど)とは異なり Mac のリソースをすべて使えるところも魅力的です。

Parallels Desktop

Parallels Desktop
Mac で Windows を実行 — Parallels Desktop 17 Virtual Machine for Mac
Parallels Desktopはパラレルス社が開発しているIntel Mac及びAppleシリコン搭載Mac用の仮想マシン環境ソフトウェアです。
Standard Editionは8,345円で利用可能です。
Pro Editionは9,818 円/年、Business Editionは9,818 円/年ですが、普通にWindowsソフトを利用したいのであればStandard Editionで問題ありません。

VMware Fusion

VMware Fusion
Fusion – Run Windows on Mac | VM for Mac | VMware
VMware FusionはVMware社が開発したIntel Mac用の仮想デスクトップソフトウェアです。
以前は日本サイトがありましたが今はなくなっており、Intel Macにしか対応していない為、ご利用は避けた方がいいかもしれません。

MacアプリでWindowsソフトを利用する

もうひとつはMacアプリでWindowsソフトを利用する方法です。
MacアプリのWineを利用すれば、MacでWindowsソフトを利用できます。
仮想マシンソフトウェアのようにWindows OSをエミュレートする訳でなく、Windows APIを変換して動作させる為、処理としては優れているそうです。
WineHQ
WineHQ – Run Windows applications on Linux, BSD, Solaris and macOS

WineでWindowsソフトを利用する方法

それではWineでWindowsソフトを利用する手順を簡単に説明します。

XQuartzをインストールする

MacにWineをインストールする為に、まずはXQuartzをインストールする必要があります。

XQuartzにアクセスしてください。
XQuartz

アクセスすると、Mac用のdmgをダウンロードすることが可能です。
コラム執筆時点(2021年8月)では、2.8.1が配布されています。
XQuartz-2.8.1.dmg

ダウンロードしたXQuartz.dmgをダブルクリックすると、XQuartz.pkgが生成されます。
XQuartz.pkgをダブルクリックすればXQuartzがインストールされます。
XQuartz.pkg

Wineをインストールする

XQuartzのインストールが完了しましたら、次はWineをインストールします。

MacOS用Wineのダウンロードページにアクセスします。
Index of /wine-builds/macosx

Installer for “Wine Stable”をダウンロードします。
Installer for Wine Stable

Installer for “Wine Stable”をクリックすると、winehq-stable.pkgがダウンロードされます。
winehq-stable.pkg

winehq-stable.pkgがダウンロードされると自動でインストールが開始されます。
Install Winehq Stable

インストールは指示に進めば簡単に完了します。
パッケージ名は「64 bit support」を選択してください。
Install Winehq Stable

使いたいWindowsソフトをダウンロードしてWinteで開く

Wineのインストールが終われば、準備は完了です。

使用したいWindowsアプリ(exe形式)をダウンロードしましょう。

exeファイルをダウンロードしたら、exeを右クリック→このアプリケーションで開く→Wine Stable.appを選択してください。
右クリック「このアプリケーションで開く」でWineを選択

するとWindowsアプリがMac上で起動します。
WindowsアプリがMac上で起動

Windowsアプリ(exeファイル)を常に右クリック→このアプリケーションで開く→Wine Stable.appで開けば、簡単にMacでWindweosアプリを利用することができます。

タイトルとURLをコピーしました