EC-CUBEの注文データを商品ごとに管理することで、商品単位でステータスを変更したりPDFを出力することができる。

EC-CUBEの注文データを商品ごとに管理することで、商品ごとにステータスを変更したりPDFを出力することができる。 EC-CUBEカスタマイズ
この記事は約2分で読めます。
株式会社サンクユーはEC-CUBEに強い制作会社で、EC-CUBE構築EC-CUBEカスタマイズが得意なEC-CUBEインテグレートパートナーです。
本コラムではEC-CUBEカスタマイズ事例やEC-CUBEに関する情報を発信しています。
今回のテーマは『EC-CUBEの注文データを商品ごとに管理することで、商品単位でステータスを変更したりPDFを出力することができる。』です。

EC-CUBEは注文データを注文明細ごとに管理することができない

EC-CUBEは注文データは注文明細(商品単位)ではなく注文単位に管理する仕様です。
1注文に複数種類の商品があっても、商品ごとに管理することはできず注文単位で管理する必要があります。

多くのECサイトの場合、注文単位で管理する仕様でも問題なく運用できると思います。
しかし、商品を自社在庫として持っていないECサイトの場合、この仕様では運用することが困難です。
商品ごとに発送タイミングが異なるECサイトでは、商品ごとに注文を管理できなければなりません。

注文データを注文明細ごとに管理する

と言うことで、EC-CUBEを注文データを注文明細ごと(商品単位)で管理するようカスタマイズしました。
内部的にかなり改修する必要があるのですが、簡単に言うと以下のことができるようになります。

  • 対応状況(受注ステータス)を商品単位で設定できる
  • 納品書PDFを商品単位で出力できる

対応状況(受注ステータス)を商品単位で設定できる

EC-CUBE管理画面>受注管理>受注登録で、商品ごとに受注ステータスを設定できるようにしています。
EC-CUBE管理画面>受注管理>受注登録で、商品ごとに受注ステータスを設定できる

尚、各商品のステータスを管理できればよい訳ではありません。
従来通り、受注単位のステータスも管理できなければいけません。

例えば、A商品とB商品が含まれている注文の内、A商品のみが発送済みだった場合、注文としては「一部出荷」というステータスにしておく必要があります。
ですから、商品ごとのステータスと注文単位のステータスを活用しながら運用します。

納品書PDFを商品単位で出力できる

続いて、注文明細ごとにPDFを出力するカスタマイズです。
帳票の作成ポップアップ画面に出力チェックボックスを追加し、チェックボックスを入れている商品がPDFに出力される仕組みです。
納品書PDFを商品単位で出力できる

誤ってPDFを出力しないよう、ここでも商品ごとのステータスを表示しています。

以上のように、EC-CUBEをカスタマイズすれば、注文データを注文明細(商品単位)で管理することが可能です。
商品ごとに発送タイミングが異なるECサイトでは必須のカスタマイズだと思いますので、お気軽にご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました