EC-CUBEプラグイン・インストール時のエラーの原因と対応策

EC-CUBEプラグイン・インストール時のエラーの原因と対応策 EC-CUBE
この記事は約3分で読めます。

EC-CUBEプラグインのインストール時、アップデート時にエラーが発生する

EC-CUBEにプラグインをインストールする際にエラーが発生したり、バージョンアップする際にエラーが発生することがあります。

  • プラグイン・インストール時にエラーが発生
  • プラグイン・アップデート時にエラーが発生
  • プラグイン有効化時にエラーが発生
  • プラグイン有効化は完了したが表示崩れが発生

プラグインをインストール、アップデートする際は必ずメンテナンスモードにする

エラーの原因・対策をご説明する前に、インストール時/アップデート時/有効化時に必ずして頂きたいことをご紹介します。
プラグインをインストールしたりアップデートする、もしくは有効化する際は必ずEC-CUBEをメンテナンスモードにしてください。
メンテナンスモードにすることで、キャッシュ関連のエラーを回避することができる為です。

尚、「メンテナンスモードにしたらシステムエラーが発生した」というご相談を頂いたこともありますので、十分にご注意ください。

エラーの原因

想定されるエラーの原因は以下です。

EC-CUBEをメンテナンスモードにしていない

プラグインのインストール、アップデート、有効化を行う際は、EC-CUBEをメンテナンスモードにすることが推奨されています。
弊社としては推奨ではなく必須と判断しています。

EC-CUBEをオープン状態にしておくと外部からのアクセスがある為、キャッシュファイルの処理が正常に行われない可能性があります。

キャッシュファイルの処理が失敗している

キャッシュファイルの処理が失敗すると、エラーが発生します。
メンテナンスモードでないとキャッシュファイルの処理が失敗することがありますが、それ以外でもキャッシュファイルの処理が失敗することがあります。

他プラグインとの競合

他のプラグインと競合してエラーが発生することがあります。
競合とは、複数のプラグイン同士が干渉し合って正常に処理が行えないことです。

直接の原因を究明する必要がある

しかし、上記が判明してもエラーは解決できません。
例えばエラーが発生したのが「キャッシュファイルの処理が失敗していた為」と考えられる場合、『ではなぜキャッシュファイルの処理が失敗したのか?』を突き止めないとエラーの対応策を検討することは不可能です。

エラーの対処法

エラーが発生した際の対応策です。

メンテナンスモードで作業する

メンテナンスモードにしておらずエラーが発生した場合、メンテナンスモードにして再度作業をしてみます。

キャッシュファイルを削除する

キャッシュファイルの処理が正常に行われないことで、エラーが発生します。
その場合は、キャッシュファイルを削除します。
キャッシュを削除すると新たにキャッシュが作成されますので、正常なキャッシュが生成されエラーが発生しなくなります。

すべてのプラグインを無効化する

プラグインが競合している可能性がある場合、すべてのプラグインを無効化し1つずつ有効化することで解決することがあります。

すべてのプラグインを削除する

プラグインが競合している可能性がある場合、すべてのプラグインを削除し1つずつインストールし直すことで解決することがあります。

コマンドラインで実行する

管理画面からインストールやアップデートを行うよりも、コマンドで実行する方が安定した処理を行えます。

システムに詳しい方がいない場合はEC-CUBEパートナーへ相談を

エラーおよび対応策に関する詳細内容が紹介されています。
EC-CUBE4系でのプラグインエラーの原因と予防対策 – Qiita

エラーに対処する際は、上記ページにある作業を行う必要があり、システムに詳しい方でないとプラグインのエラーに対応することは難易度が高いです。
その為、社内にシステムに詳しい方が不在の場合は、EC-CUBEパートナー制作会社にご相談することをおすすめします。

【初心者向け】EC-CUBEパートナーとは?EC-CUBEの相談はパートナー制作会社が100%解決します!
EC-CUBEパートナー制度とはEC-CUBE公式パートナーとは、EC-CUBE開発元イーシーキューブ社がEC関連サービス事業者を対象としたパートナープログラムです。パートナーサイト / ECサイト構築・リニューアルは「ECオープンプラ...
タイトルとURLをコピーしました