EC-CUBE2.13のサポート延長に伴い、弊社は自信を持ってEC-CUBE2.13をお勧め致します。

「EC-CUBEとは?」から始めるEC-CUBE初心者向けガイド EC-CUBEカスタマイズ
この記事は約6分で読めます。

EC-CUBE2系のサポート期限に関する告知があったが、どのよううな内容だったか?

本日2016年8月24日、株式会社ロックオン社から、EC-CUBE Ver2系のサポート期限延期が発表されました。
参考ページ:EC-CUBE Ver2系、サポート期限延期に関するお知らせ

EC-CUBE2系のサポートが今後も継続されるということで、一安心のサイト様が多いのではないでしょうか。
折角なので、今回のサポート終了→サポート継続に関して、記事にしておこうと思います。

EC-CUBE2系は、2017年7月以降すべてのサポートが終了してしまう?

EC-CUBE2のサポート終了とはどういうことなのか?

それは、2017年7月以降、EC-CUBE本体のバージョンアップが行われないということです。
脆弱性など緊急度の高い不具合修正のバッチの提供は継続して頂けるとのことでした。

簡単に言えば、「EC-CUBE本体はバージョンアップはされないが、脆弱性不具合があった場合は対応するよ。」てことです。

しかし、一般的には、サポート終了は「EC-CUBE2系はバージョンアップも脆弱性対応もされない。」と認知されているようでした。
つまり、すべてのサポートが終了してしまうと誤解されている方が多くいました。

2015年7月にサポート終了が発表されて以降、様々なお客様から上記のように言われました。
また、新規制作やリニューアル案件では、「サポートが終了するEC-CUBE2系を使いたくない。EC-CUBE3系を使って欲しい。」とご要望を頂くことは少なくはありませんでした。

サンクユーではEC-CUBE3はお勧めしていない。理由はまだまだ実績が少ないから。

弊社はEC-CUBE3系でのサイト制作はお勧めしておりません。
理由と致しましては、EC-CUBE3系はまだまだ実績が少な過ぎるからです。

EC-CUBE3で制作されたサイトはどれだけありますか?
EC-CUBE3を採用している大規模なサイトはありますか?
EC-CUBE公式サイトの制作事例で見れば、一目瞭然です。
参考:EC-CUBE公式サイト:制作事例一覧

公表されていないサイトがあることを考慮しても、実績が極めて少ないEC-CUBE3を弊社は自信を持ってお客様に勧めることはできません。

先日発表されたポイントプラグインでもいきなり不具合が出ていました。
ポイント機能はEC-CUBE2系では標準機能で、EC-CUBEをインストールした時点で利用できる機能です。
それが、EC-CUBE3系では、EC-CUBEをインストールするだけではポイント機能を利用することができず、プラグインとして別途インストールする必要がある。
しかも、プラグインをインストールしてみたら、不具合が発生する。
決して、安定性と信頼性があるとは言い難いです。

また、EC-CUBE3対応のクレジットカード決済プラグインも実績が少ないです。
もちろん、各クレジットカード決済代行会社は膨大な工数を掛けて幾度となく検証を行っているはずです。
その為、不具合がないと信じたいです。
しかし、実運用での実績が少ない以上、不具合がある可能性も懸念せざるを得ません。
決済モジュールに不具合があった場合に、クレジットカード決済代行会社が100%責任を持って頂ける。ということも聞いたことはありません。
あくまで、導入したサイト様がお客様に対して責任を負わなければいけません。
(EC-CUBE3を導入する際には、クレジットカード決済代行会社に対して決済モジュールの不具合発生時の瑕疵担保責任に関して確認しておく必要があるかと存じます。)

EC-CUBE2系は7年半以上も利用され、安定性と信頼性があるシステム。

一方、EC-CUBE2系は7年半以上も利用され、システムとしてはかなり安定しています。

システム業界では、よく「枯れたシステム」という言葉を使用することがあります。
「枯れる」とは、機能や性能では最新のものに劣ることがあるが、修正が繰り返されている為に安定性や信頼性が高いことを指します。

まさしくEC-CUBE2.13は枯れたシステムです。

安定していて、かつ信頼性があるシステムなのです。
もちろん、クレジットカード決済モジュールも枯れています。

EC-CUBE2系は豊富なノウハウが蓄積されている。

制作会社にも長年培ったノウハウが豊富に蓄積されています。
EC-CUBE2系を取り扱える制作会社も多いです。

ノウハウがあるからこそ安心してEC-CUBE2.13でのサイト制作を依頼できます。
運用中のEC-CUBE2.13も手厚くサポートして貰えます。
また、制作会社が多いということも安心材料となります。(いざとなれば、制作会社を切り替えることができます。)

尚、EC-CUBE3系は2系と全く異なるので、2系で培ったノウハウは3系では活かすことができません。
EC-CUBE3をしっかりサポートできる制作会社も少ないです。

そもそもEC-CUBE2系のサポート終了は早急過ぎたのではないか? サンクユーは、サポート終了にずっと疑問を感じていた。

現在、EC-CUBE2系で構築されたECサイトは多数あります。
そして、ECサイト運営者にもEC-CUBE2系に関するノウハウが豊富に蓄積されています。

そのような状況で2017年7月でサポートを打ち切ることは、折角の資産を無にする行為と言っても過言ではないのではないか?と私は思っていました。

弊社がEC-CUBE2.13を勧めると、「他の制作会社は新システムのEC-CUBE3を勧めるのに、何故サンクユーさんはサポートが終了するEC-CUBE2.13を勧めるの?」とよく言われました。
弊社がEC-CUBE2.13のメリットを伝えても、納得頂けなかったことも何度かありました。
(この点は、弊社自身を信頼頂けなかったことが一番の原因と思っています。もっと信頼頂けるよう努力して参ります。)

サンクユーは、まだまだEC-CUBE2.13をベースにECサイト構築を提案します。

EC-CUBE2.13サポートの継続が決定したことで、自信を持ってEC-CUBE2.13をお勧めすることができます。
弊社にはEC-CUBE2のノウハウ、実績が豊富にございます。

その証として、「EC-CUBE DAY 2014」では2万サイトから優れたサイトにも選出されました。
参考:サンクユーのEC-CUBE構築・カスタマイズサービス

これからも、弊社はEC-CUBE2.13をベースに、売れるECサイトを構築して参ります。

尚、弊社が暫くEC-CUBE2.13を勧めることは弊社の独自見解です。
EC-CUBE3の思想は素晴らしいものです。決してそれ自体をを否定している訳ではありません。
多くの制作会社様、エンジニア様がEC-CUBE3に力を注いでおられます。
弊社もEC-CUBE公式パートナーとして、EC-CUBE3の普及にも努めて参ります。
どうしてもEC-CUBE3でECサイトを制作したいというお客様には上記をご理解頂いた上で、しっかり対応させて頂きます。

タイトルとURLをコピーしました