EC-CUBEをレスポンシブWEBデザインに対応させる(RWD)

EC-CUBEをレスポンシブWEBデザインに対応させる(RWD) EC-CUBE
この記事は約2分で読めます。

レスポンシブWEBデザインとは

レスポンシブWEBデザインとは、1つのHTMLでPC、タブレット、スマートフォンに最適化したデザインを表示させる技術のことです。
一般的には、デバイスの画面サイズを判断して、デザインを切り替える(最適化)することが多いです。

EC-CUBE2系はレスポンシブWEBデザイン未対応で、EC-CUBE3はRWD対応している

EC-CUBEは2系はレスポンシブWEB対応しておらず、PCサイト、スマートフォンサイトを個別にファイルが存在しています。
EC-CUBE3からは標準でレスポンシブWEBデザインに対応しています。

個別ファイルが存在するということは、PC用デザインとSP用デザインを個別にすることができる為、デザインの自由度は極めて高いです。
極端な言い方をすれば、PCサイトとスマートフォンサイトを全く異なるデザインにすることも可能です。
とは言え、最近の主流はレスポンシブWEBデザインです。
ここ2年は80%以上がレスポンシブWEBデザインでECサイトを構築しております。
(ただし、もうお分かりかと存じますが、レスポンシブWEBデザインはデザインの自由度は低くなります。)

EC-CUBEでレスポンシブWEBデザイン対応する(RWD)

上記の通り、EC-CUBE3では標準でレスポンシブWEBデザイン対応しています。
ただ、EC-CUBE3は個人規模のECサイトなら問題ありませんが、企業がサイト運営するとなるとオススメしておりません。
理由は下記ブログ記事をご覧下さい。
https://www.thank-u.net/blog/eccube/eccube3/

EC-CUBE2系は標準ではRWD対応していませんが、すごく簡単なカスタマイズを施すことで2系でもレスポンシブWEBデザインに対応することができます。
EC-CUBE3を利用する理由が「レスポンシブWEBデザインに対応しているから」というだけであれば、EC-CUBE2系を利用する方が断然安全で運用しやすいECサイトを構築することができます。

投稿者プロフィール

Nakamura
サンクユーのEC-CUBE先生。
EC-CUBEのカスタマイズをし出して早15年。
難易度の高いカスタマイズもお任せ。
2系、3系、4系すべて対応可能。

実はjavaでの業務システム開発がエンジニア人生のスタート。
PHP、Perl、フロントエンド開発、Movable Type、Wordpressも得意という万能エンジニア。
タイトルとURLをコピーしました