日ごとに割引率が下がる逆セール。早めに購入しないと損をするという心理を利用したプロモーション。

日ごとに割引率が下がる逆セール。早めに購入しないと損をするという心理を利用したプロモーション。 ECサイト構築・運営
この記事は約2分で読めます。

YOOXから変わったセールのメールが届いた

YOOXはさまざまなファッションブランドを扱うECサイトです。

YOOX | トップブランドのファッションをオンラインでショッピング

先日、YOOXから変わったセールのメールが届きました。
それは1日ごとにセールの割引率が下がるプロモーションです。
「なに言ってるの?」と思いましたが、1日経過するごとにセールの割引率が下がる(=悪くなる)らしいです。

セール期間中に売れ残った商品の割引率が上がる(=商品価格が安くなる)のが一般的です。
しかし、1日経つごとに商品価格がアップするセールなんて聞いたことがありません。
(私が知らなかっただけ?)

メールには以下のようなメッセージが記載されていました。

4日間のショッピングチャンス!
待ちに待ったビッグプロモがいよいよスタート!
1日ごとにオフ率が下がるので、
欲しいアイテムは今すぐゲットして!

セールのメッセージ

本当に1日ごとにセールのオフ率が下がった

すごく興味をひくプロモーションだったので、毎日YOOXから届くメールをチェックしました。
すると、本当に1日ごとにセールの割引率が下がっていました。

初日に届いたメール

初日に届いたメール

2日目に届いたメール

2日目に届いたメール

3日目に届いたメール

3日目に届いたメール

最終日に届いたメール

最終日に届いたメール

早めに購入しないと損をするという心理を利用したプロモーション

YOOXのセールはとても変わったプロモーションです。
なぜこんなプロモーションをしたのか考えてみましたが、やはり「早めに購入しないと損をするという心理を利用」したのでしょう。
通常のセールであれば、待っていれば割引率が上がる(商品価格が下がる)ので、じっくり待つユーザーが多くいます。

しかし、「今が一番安い」セールだとすぐに購入しないと損をする訳ですから、ユーザーの背中を押すことになります。

実際、私は初日の35%OFFで商品を買ってしましました。。。
まんまとYOOXのプロモーションの罠にハマったということです。

次回同じセールがあった場合は、初日の購入者が激増するのではないでしょうか。
セール時は初動は大切ですが、このような工夫で初動を大きくすることが可能です。

投稿者プロフィール

Nakamura
サンクユーのEC-CUBE先生。
EC-CUBEのカスタマイズをし出して早15年。
難易度の高いカスタマイズもお任せ。
2系、3系、4系すべて対応可能。

実はjavaでの業務システム開発がエンジニア人生のスタート。
PHP、Perl、フロントエンド開発、Movable Type、Wordpressも得意という万能エンジニア。
タイトルとURLをコピーしました