迷惑メールとして判断されてしまいメールが送信できない(受信側でメールが受信できない)時はSPFを設定すれば解決

迷惑メールとして判断されてしまいメールが送信できない(受信側でメールが受信できない)時はSPFを設定すれば解決 WEB制作・集客
この記事は約1分で読めます。

みなさん、日々たくさんの迷惑メール(スパムメール)が届いているかと思います。
とは言っても、メールサーバーやメーラー(メールソフト)に迷惑メール防止機能があるので、実際には気づいていないかもしれませんね。

便利な機能があるので、迷惑メールを目にしないのいいことですが、迷惑メールではないのに迷惑メールと判断されることもあります。
受信側はもちろん送信側にとっては重大な問題です。

お客様宛に送信したメールが迷惑メールと判断され、お客様が見ることがない。となると一大事ですよね。

弊社にもWEBサイトやEC-CUBEから送信したメールが届いていないとご相談を受けることがあります。
たいていがSPF(Sender Policy Framework)を設定すれば解決します。
SPFとはメールサーバーが迷惑メールか否かを判断する為の情報です。
SPFレコードに情報を登録することで迷惑メールと判断されずに済みます。

もし、お客様からメールが届かないと苦情を頂くようでしたら、SPFの設定を見直してみてください。

投稿者プロフィール

navy
EC-CUBE、WordPressをメインに担当しています。
最近、Movable Typeの案件が増えてきたので、MTを勉強中です。

ネイビー色が好きでnavyという名前をよく使うけど、navy=海軍好きで時々勘違いされて困っています。
確かに軍モノ古着は好きですが。。。
タイトルとURLをコピーしました