CPIにEC-CUBEをインストールする際の備忘録

CPIにEC-CUBEをインストールする際の備忘録 EC-CUBEカスタマイズ
この記事は約2分で読めます。
株式会社サンクユーはEC-CUBEに強い制作会社で、EC-CUBE構築EC-CUBEカスタマイズが得意なEC-CUBEインテグレートパートナーです。
本コラムではEC-CUBEカスタマイズ事例やEC-CUBEに関する情報を発信しています。
今回のテーマは『CPIにEC-CUBEをインストールする際の備忘録』です。

ある案件で、CPIにEC-CUBE2.4.4をインストールしましたが、EC-CUBEインストールに際し正常動作させる為に少しばかり作業が必要だったので備忘録としてブログ記事投稿。

CPIのサイトを見ると、簡単そうに書いてあるんですが、それがそうじゃなくて。。。
EC-CUBEインストール方法:Online Help for ControlPanel

まず、PHPを利用する為に.htaccessファイルを作成する必要があります。
設置場所は/html。

AddHandler x-httpd-php528 .php
suPHP_ConfigPath /usr/home/xxxxxxx/html/

次に、php.iniを作成。

設置場所は/html。

output_buffering = 4096
output_handler = mb_output_handler
magic_quotes_gpc = Off
mbstring.http_input = UTF-8
mbstring.encoding_translation = Off

以上で、PCサイトは正常に動作。

モバイルサイトへアクセスすると、500 Internal Server Errorが発生。。。
こちらの対処方法は以下の通り。

.htaccessを作成し、/html/mobile/へ設置。

AddHandler x-httpd-php528 .php
suPHP_ConfigPath /usr/home/xxxxxxx/html/mobile/

php.iniを作成し、同じく/html/mobile/へ設置。

mbstring.encoding_translation = 0
output_handler = null
variables_order = EGPS
session.auto_start = 0
session.use_trans_sid = 1

あとは、管理画面 > デザイン管理 > ページ詳細編集で作成したページへアクセスすると、これまた500 Internal Server Error。
ページ詳細で作成されたuser_data配下のphpのアクセス権が666になっているので644に変えてあげればOK。

タイトルとURLをコピーしました