【初心者向け】EC-CUBEの相場は?適切な見積の判断方法を教えます

【初心者必見】EC-CUBEの費用相場は?算出方法をしれば見積金額の妥当性が判断できる EC-CUBE
この記事は約8分で読めます。

ECサイト構築は相場が分かりづらい

ECサイトを構築する際の相場はなかなか分かりづらいものがあります。
ECサイトという形のないものを作る作業に対してどれだけのお金が発生するか、どれくらいの金額が妥当なのか業界人以外は不明だと思います。

また、複数社から見積もりをとっても各社ごとに料金が異なる。
もちろん安いに越したことはありませんが、安かろう悪かろうで品質が悪いとトラブル続きのEC運用となります。
だからと言って価格が高いからといって品質が高いかというと、100%事実だとも言えません。
実際、価格が高いのに不具合だらけというECサイトを見たことがあります。

素人の方には相場が掴みにくいECサイト構築。
少しでも見積もり金額の妥当性を判断できるようにと本コラムを書いてみようと思います。

ちなみに弊社ではECサイトを構築する際は、EC-CUBEを利用します。
EC-CUBEは国内No.1シェアのオープンソースECシステムです。
弊社は2007年からEC-CUBE公式インテグレートパートナーとして認定されています。
EC-CUBEに強い制作会社として知られています。

EC-CUBEに強い制作会社が売れるネットショップを制作します | 東京のWEB制作会社サンクユー

ですから、EC-CUBEでECサイトを構築する場合のお話になることがあります。
本コラムは極力汎用性のある内容にしたつもりですが、その点ご了承ください。

ECサイト制作の見積もりは工数で算出することがほとんど

ECサイト構築を含むWEBサイト制作の見積もりは想定工数に基づいて算出されることが多いです。
想定工数とは、ECサイトを構築する際に発生するであろう工数のことです。
そして、導き出された工数とエンジニアの単価を掛けることで見積もり金額が算出されるという仕組みです。

見積もり金額=工数*単価です。

例を挙げてみると分かり易いと思います。
作業Aの開発に10日
作業Bの開発に20日
作業Cの開発に30日
それぞれ必要と判断したとします。

そこにプログラマの単価が50,000円/日だとすると、
作業A:50,000円*10日=500,000円
作業B:50,000円*20日=1,000,000円
作業C:50,000円*30日=1,500,000円
と各作業の料金が算出されます。
各作業の合計3,000,000円がこのプロジェクトの総額となります。

こんな感じでWEB制作の料金は見積もられます。

まったく同じサイトを作成する場合でも価格が異なる

複数の制作会社から相見積もりを依頼した場合、各社の料金は異なります。
以前、弊社がお見積もりしたお客様から他社の価格を聞いたことがあります。
(弊社が無理に聞いた訳でなく、お客様からお教え頂きました。)
弊社の見積もりが200万円だったのですが、なんと安い会社だと120万円、高い会社だと350万円でした。
同じサイトを製作するにも制作会社によって見積もり金額がこんなにも違うことがあります。
(実際にはもっと価格差が生じることはあり、数倍もの開きがあることもあるようです。)

制作会社ごとに料金が異なる理由

では、なぜ制作会社ごとに料金が異なるのでしょうか?

各社が算出した工数が異なる

製作会社ごとに見積もり額が異なる理由の一つとして、各社が算出した工数が異なることです。
見積もりは工数*単価で算出されますから、単価が同一でも想定工数が異なると見積もり額も変わることになります。

算出する工数が異なる理由は以下です。

エンジニアのスキルが異なることで工数が異なる

エンジニアのスキルが高いと工数は小さくなります。
逆にエンジニアのスキルが低いと工数は多くなります。

要件の実現方法が異なる。

1つの要件を満たす為の実現方法が複数存在する場合があります。
工数を抑えられる実現方法を考えることができれば他社よりも工数が小さくなります。
そのような会社はアイデア豊富・工夫ができる制作会社と捉えることができます。

要件を正確に理解できていない。

お客様の要件を正確に理解できていないことで工数が増減します。
お客様に「ハンバーガーが欲しい」と言われて、A社はシンプルなハンバーガーを想定し、B社がベーコンレタスバーガーを想定した場合、料金は異なります。
そんな感じでサイト制作時にも要件を正確にできないことで各社の工数が異なることがあります。
ヒアリング能力に優れている制作会社であれば、的確に要件を把握することができます。

各社の単価が異なる

見積もりは工数*単価で算出される為、各社の単価が異なることで見積もり額の違いが発生します。

単価が異なる理由は企業規模・経営方針などによって異なりますが、簡単に理由をいくつか書いておきます。

企業規模が大きいと単価は高い傾向にある

規模が大きい企業は固定費が掛かりますから、自ずと単価が高くなる傾向にあります。

経営方針で単価が異なる

稲盛和夫氏が「値決めは経営である」とおっしゃる通り、価格は経営方針で異なります。

エンジニアのスキルによって単価が異なる

在籍するエンジニアのスキルによって単価が異なります。
優秀なエンジニアが在籍する制作会社は単価が高い傾向です。

自社で開発を行なっていない

制作会社の中には自社で制作をしていない会社が少なくありません。
そのような会社は営業とディレクションを自社で行い、制作は下請けに依頼します。
サイト制作の見積もりは下請けが作成する訳ですが、そのままお客様に提示しません。
下請けの見積もりに上乗せした金額でお客様に提示します。
そのような会社は他社よりも見積もり額が高くなるのは当然です。

東京のエンジニアの単価

東京のエンジニアの単価です。
今回調査した訳ではありませんし、弊社はSES事業は行なっておりませんが、20年以上この業界におりますのでほぼほぼ合っていると思われます。
ちなみに1ヶ月の単価を人月単価(もしくは人月)、1日の単価を人日単価(もしくは人日)
人月単価は「にんげつたんか」、人日単価は「にんにちたんか」と読みます。
ちなみに人月は20日想定です。
祝休日や有給を考えると1ヶ月あたり20日稼働すると想定する為です。

職種 人月単価 人日単価
初級プログラマ 40〜60万円 2〜3万円
中級プログラマ 60〜80万円 3〜4万円
上級プログラマ 80〜100万円 4〜5万円
SE(システムエンジニア) 80〜120万円 4〜6万円
PM(プロジェクトマネージャー) 100〜150万円 5〜7.5万円
コンサルタント 100〜200万円 5〜10万円

EC-CUBEでのECサイト構築手順

ECサイトを構築する際にどのような手順・作業があるのかを理解しておくことは重要です。

弊社はECサイトの構築はEC-CUBEを利用して行います。
EC-CUBEは国内で最も利用されているオープンソースECシステムです。
【公式】EC-CUBE|ECサイト構築・リニューアルならECオープンプラットフォームEC-CUBE

EC-CUBEでECサイトを構築する手順です。

  • ECサイトの要件を打ち合わせで決める
  • デザインを作成する
  • 作成デザインを元にHTMLを作成する
  • EC-CUBEをサーバーにインストールし、基本設定を行う
  • HTMLを元にEC-CUBEのデザインをカスタマイズする
  • 要件に従ってEC-CUBEにプラグインを導入する
  • プラグインにない機能はEC-CUBEをカスタマイズする
  • クレジット決済を設定する
  • ECサイトをテストする
  • ECサイトをオープンする

EC-CUBEは工夫することで料金を抑えることが可能

EC-CUBEによるECサイト構築手順は理解できたものの、どこでどれだけの工数が発生するかは不明です。

デザインにしても、ゼロからオリジナルのデザインを検討・作成するとなるとかなり時間が掛かります。
しかし、EC-CUBEにはデザインテンプレートがあり、比較的容易にデザインを変更することができます。
デザインテンプレートを利用すれば、完全なオリジナルデザインではないけど、他社に見劣りしないデザインにすることができます。
デザイン+HTML作成の費用を減らすことができます。

また、EC-CUBEはプラグインで機能が拡張できます。
独自に改修するよりも費用を抑えることができます。
ただし、プラグインが提供されていない機能は改修が必要ですし、プラグインを利用するデメリットもあります。

工夫することで料金を抑えることが可能です。

見積もり提出時に工数を教えて貰う

素人では工数は判断できません。
通常、見積もりは複数社に依頼しますので、各社から見積書が提出された際に見積もりの根拠となる工数も教えて貰いましょう。

各社の工数を比較してみれば、ある程度の妥当性を判断することができます。

工数が大き過ぎたり、逆に小さ過ぎるのは除外しても良いです。
過ぎるということは、要件を正確に理解できていないことがほとんどのように思います。

また、工数計算を行なっていない制作会社もあります。
工数を知ることはできませんが、価格の根拠を確認しておくようにしましょう。

EC-CUBEでのECサイト構築費用の相場

EC-CUBEでECサイトを構築する際の費用相場です。
あくまで目安ですので参考程度にご覧ください。

デザインや機能仕様によって以下を大きく外れることがあります。

ECサイト売上規模 EC-CUBE構築費用相場
〜100万円 50〜100万円
100〜500万円 80〜300万円
500〜1,000万円 200〜500万円
1,000〜3,000万円 300〜800万円
3,000万円〜 500〜2,000万円

結局、ECサイト構築を依頼する理由は価格だけではない

同じECサイトを構築するなら安い方が良いに決まっています。
しかし、表向き要件は満たしていても、細かいところで不満があったり、不具合が多いこともあります。
やはり安過ぎる見積もりには問題が潜んでいる恐れがあります。

価格も大切ですが、EC-CUBEの実績があるのか?その制作会社を信頼できるのか?しっかりサポートしてくれるのか?という点も大切です。
ECサイトは構築すれば終わりではなく、売上とともにシステムを成長させなければいけません。
御社とタッグを組んで末長くサポートして貰える制作会社を選択すべきです。
その上で料金が良心的であれば言うことなしだと思います。

タイトルとURLをコピーしました