EC-CUBEとGoogleアナリティクスで簡易アフィリエイト(販売代理店管理)機能を実装

EC-CUBEとGoogleアナリティクスで簡易アフィリエイト機能 EC-CUBE
この記事は約3分で読めます。

EC-CUBEへのアフィリエイト(販売代理店管理)機能を実装する

下記コラムでEC-CUBEにアフィリエイト(販売代理店管理)機能を実装する事例をご紹介しました。
この機能を実装することでアフィリエイトASPを利用せず、自社でアフィリエイターの報酬を管理することができます。

EC-CUBEにアフィリエイト(販売成果報酬)機能を実装する
ECサイト集客にはアフィリエイトが効果的ECサイトへの集客方法には、SEO、リスティング広告、ディスプレイ広告、SNS広告などがあります。中でもアフィリエイトは、ECサイト集客には大変効果的です。アフィリエイトとは成果報酬型の広告で...

上記カスタマイズは、EC-CUBEで紹介サイトを管理したり、報酬を管理する為、EC-CUBEのカスタマイズ工数が大きくなります。
その為、低予算で実装したいECサイト様には敷居が高いカスタマイズです。

Googleアナリティクスを利用することでアフィリエイト機能を実装できる

実はGoogleアナリティクス(GA)で販売店の実績を管理することができます。
その為、GAを利用することで、費用を抑えてアフィリエイト機能を実装することが可能です。

アフィリエイター(販売代理店)の管理はExcelで行い、販売実績の管理はGAで集計し、報酬は改めてエクセルなどで計算することになります。
アフィリエイター管理および報酬集計は別途手作業が発生しますが、中小規模のECサイトであれば本仕様でスタートし、事業拡大とともにアフィリエイター管理と報酬計算をEC-CUBEに実装すればよいと思います。

EC事業全般に言えますが、まずは予算内でできることから始め、EC事業の成長とともに機能を拡張することで堅実なEC経営を行えます。

GAを利用したアフィリエイト集計例

前置きが長くなりましたが、EC-CUBEとGoogleアナリティクス(GA)でできるアフィリエイト集計の例をご紹介します。

アフィリエイトIDを発行

御社からアフィリエイターに対して、アフィリエイターIDを発行します。
IDは一意である必要があります。
重複したIDを別のアフィリエイターに発行すると、正確に集計できないからです。
また、アフィリエイターとIDはExcelなどで管理してください。

アフィリエイターIDを付与して商品を紹介する

アフィリエイターは御社の商品を紹介する際に、URL内にIDを付与します。

例えば、IDがabcのアフィリエイターが商品ID12345の商品を紹介する場合、リンクURLは以下のように設定します。
https://ショップURL/products/12345?shop=abc

EC-CUBE側でアフィリエイトIDを取り出す

アフィリエイターの紹介リンクをクリックしたユーザがECサイト(EC-CUBE)に訪れます。
その際のURLはもちろんhttps://ショップURL/products/12345?shop=abcです。

EC-CUBE側でURLからアフィリエイトIDの「abc」を取得します。

取得したIDを保持しておく

そして、取り出したアフィリエイターIDをEC-CUBE側で保持しておきます。

保持しておかなければ、どのアフィリエイター経由で注文されたかが判断できない為です。
このような機能はEC-CUBEには備わっていませんので、EC-CUBEを改修する必要がある訳です。

注文完了時にIDをGAに渡す

保持したIDは注文完了まで保持しておきます。
そして、ユーザーが商品を購入した際に、注文商品・注文額・アフィリエイターIDなどの情報をGAに渡します。

GA管理画面でアフィリエイト集計できる

以上で、GA管理画面で各アフィリエイターの売上金額(注文金額)を確認することができます。
期間を絞ってCSVでダウンロードし、Excelなどで集計処理を行います。
報酬が確定しましたら、各アフィリエイター(販売代理店)に報酬を支払います。

投稿者プロフィール

HORIKAWACEO
関西大学卒業後、大手ゼネコンにて人事総務業務に携わる。
幼少よりモノ作りが好きだったこともあり、自らの手でモノを作りたいという思いを強く抱くようになり、未経験でシステムベンダーへ転職。

IBMオフコンAS400で金融サービス、物流、販売管理、経理、人事総務などのシステムを開発。
台北に駐在し遠東國際商業銀行の個人向け貸付システム構築プロジェクトに参画するなど貴重な経験を積む。
10年の間に、プログラマ、SE、プロジェクトリーダー、プロジェクトマネージャーを務め、「完成度の高いシステムは、要件定義の質に比例する」と学ぶ。

その後、クレジットカード決済代行会社にヘッドハンティングされ、決済システムの刷新・
国内外の銀行システムとの接続・クライアントのECサイト構築を行う。
また、社内の組織改革を任され、20名から60名へ会社規模を拡大。(退任時役職:常務取締役)

2008年クリエイティブチーム・サンクユーを立ち上げ、2010年に株式会社サンクユーを設立。

クライアントの業界、取扱商材、ターゲット顧客を理解することで、結果が出るWEBサイトを提案・制作。
ECサイト構築・運営への造詣も深く、NTTレゾナント株式会社が運営するgoo Search Solutionでコラムを執筆。
ECマーケティングレポート | goo Search Solution – ECサイト内検索・商品検索サービス
タイトルとURLをコピーしました