カート機能付きランディングページでECサイトの売上はアップする

EC-CUBEカスタマイズ
この記事は約4分で読めます。
株式会社サンクユーはEC-CUBEに強い制作会社で、EC-CUBE構築EC-CUBEカスタマイズが得意なEC-CUBEインテグレートパートナーです。
本コラムではEC-CUBEカスタマイズ事例やEC-CUBEに関する情報を発信しています。
今回のテーマは『カート機能付きランディングページでECサイトの売上はアップする』です。

ランディングページとは

ランディングページとは、ネット広告やリンクなどをクリックした際に表示されるページのことです。
一般的には、広告の先に表示されるページのことを指します。
英語表記のLanding pageを見れば一目瞭然、着陸するページです。
広告で興味を持ったお客様(見込み客)が着陸するページですね。
最近ではランディングページとも呼ばず、略してLP(エルピー)と呼ぶことが多くなりました。

WEBサイトとランディングページの違いは?

WEBサイトとランディングページの違いですが、ランディングページは広告からの流入客に特化したページです。
WEBサイトを制作する際もターゲット顧客を明確にして制作致しますが、ランディングページの場合更に商品・サービスとその顧客を絞り込んで制作することが多いです。
また、上述の通り広告とランディングページをリンクさせる必要があります。
リンクさせるとは、広告とランディングページの間の違和感を限りなくなくすことです。

ちなみに、広告の先が専用のランディングページではなく、WEBサイトのあるページということもあります。
その場合も、ランディングページではあるのですが、昨今のランディングページ(LP)は前者を指します。

  • 特定の商材を
  • 特定の顧客ターゲットに向けて
  • 集客を行い
  • 興味を持った方に見せる為のページ

それが、ランディングページです。

カート機能とランディングページ

売れるランディングページのデザインには一定の法則があり、法則に則ってデザインすると結果が出ます。
ランディングページのデザインに関してはWEBサイトや書籍などで情報が溢れていますので、今回はデザインに関しては割愛致します。

機能面からランディングページをご説明致します。
ランディングページのコンバージョン(目的)には様々なものがあります。
問い合わせて貰うのが目的であったり、商品を購入して貰うことが目的だったり、試供品への申し込みが目的の場合もあります。

問い合わせがコンバージョンであれば、LPにフォームを実装すれば問題ありません。
しかし、商品購入がコンバージョンとなると、色々と考えないといけないことがあります。

  • カート機能はどうするか?
  • 決済機能はどうするか?
  • お届け先やお届け日時の設定はどうするか?
  • 会員登録はどうするか?

以下に、ECサイトのランディングページのパターンを3つご説明します。
それぞれ、制作工数が異なる為(=制作費用も異なる)、ご予算とあわせてご検討下さい。

パターン1:ランディングページとカート機能が完全に分離している

以下のようなランディングページとカート機能が分離している形式が一番簡単に制作できます。
ランディングページのカートに入れるボタンをクリックすると、買い物かごに商品が入り、それ以降は通常のEC-CUBEのフローで注文が完了します。
ただし、クレジットカード決済以外の支払い方法を選択した場合は、クレジットカード決済画面は省略されます。
なお、HTMLだけで制作できません。
ランディングページのカートに入れるボタンで買い物かごに商品が入るようにプログラムを実装する必要があります。
パターン1:ランディングページとカート機能が完全に分離している

パターン2:ランディングページにカート機能を実装、ただしクレジットカード決済は別ページ

ランディングページ内にカート機能を実装するパターンです。
お届け先氏名・住所、お届け日、支払い方法などをランディングページ内に入力します。
ただし、クレジットカード決済は別ページとなります。
クレジットカード決済をページへ埋め込むのは工数が掛かってしまう為、ある程度予算を抑えることが可能です。
ただし、クレジットカード決済以外の支払い方法を選択した場合は、クレジットカード決済画面は省略されます。
パターン2:ランディングページにカート機能を実装、ただしクレジットカード決済は別ページ

パターン3:ランディングページとカート機能を完全に一体化。クレジットカード決済もLP内で行う。

ランディングページ内にクレジットカード決済を含むカート機能すべてを実装するパターンです。
パターン2に加え、LP内でクレジットカード決済が行うことが可能です。
その為、トータルのページ数は最小限に抑えることができ、一番コンバージョン率が高いパターンとなります。
ただし、制作工数が一番多いです。(=制作費用が一番高い)
パターン3:ランディングページとカート機能を完全に一体化。クレジットカード決済もLP内で行う。

以上となります。
いずれのパターンもEC-CUBEをベースに構築致しますので、注文情報は管理画面>注文管理で管理できます。
したがって、ECサイトの注文と同様に処理を行って頂くことが可能です。

タイトルとURLをコピーしました