カート付きLPでECサイトの売上は格段にアップする

カート付きLPでECサイトの売上は格段にアップする EC-CUBE
この記事は約3分で読めます。

ランディングページとは

ランディングページとは英語表記のLanding pageの通り、ユーザーが最初に着地するページのことです。
Google検索結果ページやネット広告などをクリックした際に表示されるページで、訪問者がはじめにアクセスするページを指します。

最近ではランディングページではなく、略してLP(エルピー)と呼ぶことが多くなりました。
それだけLPが浸透したということです。

WEBサイトとランディングページの違いは?

WEBサイトとランディングページの違いは、ランディングページは検索結果ページや広告から流入したユーザーに対して作ったページです。
広告からの流入客に特化したページで、広告色の強いページであることが多いです。

WEBサイトを制作する際ターゲット顧客を明確にして制作致しますが、ランディングページの場合は更に商品やサービス、そしてターゲット顧客を絞り込んで制作します。

また、広告をクリックした先にラインディングページが表示されますので、広告とランディングページがリンクしている必要があります。
リンクとは、広告とランディングページのデザインや文言の違和感を可能な限りなくすことです。

尚、広告をクリックした先がWEBサイト内のページの場合があります。
広義ではランディングページに違いありませんが、昨今のランディングページ(LP)は特化型のページを指します。

ランディングページの目的

ランディングページの目的(コンバージョン)はサイトごとに異なります。

  • 商品を注文して貰う
  • サンプル品を請求して貰う
  • 資料請求をして貰う
  • 講習会の申し込みをして貰う
  • 商談の予約をして貰う

目的を達成する為の広告作成・広告出稿・ランディングページ制作を検討します。

ECサイトのLPはカートをどこに設置するかが検討課題となる

ECサイトのLPは商品を購入して貰うことが目的です。
商品を購入して貰う為には、購入数量の入力・送付先の入力・支払い方法の選択をユーザーに行って頂く必要があります。
いわゆるカート機能です。

ECサイトのLPを制作する際、カート機能をどうするかを検討する必要があります

EC-CUBE内にランディングページを制作する3つのパターンをご紹介します。
3つのパターンで制作工数が異なり制作費用も異なります。
希望スケジュールや予算とあわせてご検討下さい。

パターン1:ランディングページとカート機能が完全に分離している

以下のようなランディングページとカート機能が分離している形式が一番簡単に制作できます。
パターン1:ランディングページとカート機能が完全に分離している

LPのカートに入れるボタンをクリックすると買い物かごに商品が入り、それ以降は通常のEC-CUBEのフローで注文が完了します
クレジットカード決済以外の支払い方法を選択した場合は、クレジットカード決済画面は省略されます。
LPにカートイン機能を実装する必要があり、プログラム開発を行います。

パターン2:ランディングページにカート機能を実装、ただしクレジットカード決済は別ページ

ランディングページ内にカート機能を実装するパターンです。
パターン2:ランディングページにカート機能を実装、ただしクレジットカード決済は別ページ

お届け先情報、お届け日、支払い方法などがランディングページ内で入力できます
ただし、クレジットカード決済は別ページとなり、クレジット情報入力ページへ遷移する必要があります

クレジットカード決済をページへ埋め込むのは開発工数が掛かってしまう為、このパターンはある程度予算を抑えることができます。
カード決済以外の支払い方法を選択した場合は、クレジット情報入力ページへは遷移しません。

パターン3:ランディングページとカート機能を完全に一体化。クレジットカード決済もLP内で行う。

ランディングページ内にクレジットカード決済を含むカート機能すべてを実装するパターンです。
パターン3:ランディングページとカート機能を完全に一体化。クレジットカード決済もLP内で行う。

最もページ遷移が少ないパターンで、注文率が一番高いです
LP内にクレジットカード決済機能を実装する必要があり、開発工数が多く発生しコストも一番高くなります。

いずれのパターンもEC-CUBEをベースに構築致しますので、注文情報は管理画面>注文管理で管理できます。
通常の注文と同様に運用を行って頂くことが可能です。

投稿者プロフィール

HORIKAWACEO
関西大学卒業後、大手ゼネコンにて人事総務業務に携わる。
幼少よりモノ作りが好きだったこともあり、自らの手でモノを作りたいという思いを強く抱くようになり、未経験でシステムベンダーへ転職。

IBMオフコンAS400で金融サービス、物流、販売管理、経理、人事総務などのシステムを開発。
台北に駐在し遠東國際商業銀行の個人向け貸付システム構築プロジェクトに参画するなど貴重な経験を積む。
10年の間に、プログラマ、SE、プロジェクトリーダー、プロジェクトマネージャーを務め、「完成度の高いシステムは、要件定義の質に比例する」と学ぶ。

その後、クレジットカード決済代行会社にヘッドハンティングされ、決済システムの刷新・
国内外の銀行システムとの接続・クライアントのECサイト構築を行う。
また、社内の組織改革を任され、20名から60名へ会社規模を拡大。(退任時役職:常務取締役)

2008年クリエイティブチーム・サンクユーを立ち上げ、2010年に株式会社サンクユーを設立。

クライアントの業界、取扱商材、ターゲット顧客を理解することで、結果が出るWEBサイトを提案・制作。
ECサイト構築・運営への造詣も深く、NTTレゾナント株式会社が運営するgoo Search Solutionでコラムを執筆。
ECマーケティングレポート | goo Search Solution – ECサイト内検索・商品検索サービス
タイトルとURLをコピーしました