WEBサイトのmetaタグのrobotsはSEO的にも有効らしいので、WordPressでインデックスの設定した方がいい

WEB制作・集客
この記事は約4分で読めます。

metaタグのrobotsはロボットのこと?

metaタグのrobotsはご存知でしょうか?
metaタグと言えば、keywords、descriptionあたりは有名なので、どなたもご存知かと思います。
metaタグのrobotsは、Googleなどの検索エンジンのクロールをコントロールするものです。

検索エンジンのクロール=自動的にサイトをクロール=ロボットがクロールする=robots
ということでrobotsだと思っています。(調べた訳ではないので間違っている可能性大!)

検索エンジンのクローラーはインターネット上のWEBサイトの情報を集めている

検索エンジンのクロールは、インターネット上にあるWEBサイトのページ情報を集めています。
ネット上をクロールしながら(泳ぎながら)、サイト情報を収集している訳です。

で、Googleのクローラー(クロールするロボット)がサイト情報を収集して、情報を蓄積します。
情報が蓄積されると、そのサイトに存在するページが検索結果に出ます。

ちなみに、情報を蓄積することをインデックスすると言います。

検索エンジンにインデックスされるってどういうこと?

インデックスされていれば、Googleの検索結果に表示されます。(表示順位はともかく表示されます)
一方、インデックスされていなければ、Googleの検索結果に表示されることはありません。

また、クローラーが自分のサイトにやって来たからといって、すべてのページがインデックスされる訳ではありません。
自分のサイトでどのページがインデックスされているか。は気になるところですね。
インデックスされているページを確認するには、Google Search Consoleで調べることができます。
サイトを登録する必要がありますが、サーチコンソールは何かと便利な機能がありますので、是非登録してみてください。
参考:Google Search Console

ちなみに、サーチコンソールでは、インデックスされていないページを手動でインデックスすることも可能です。
クロール>Fetch as Googleを使ってください。
(今回は詳細な方法は省略しますが、必要があればご説明いたします。)

metaタグのrobotsは、検索エンジンのクロールを制御することが可能

で、冒頭で述べた通り、metaタグのrobotsは、検索エンジンのクロールをコントロールすることが可能です。
インデックスした貰いたいページには、インデックスしてね!と記述すればいいですし、インデックスして貰いたくないようなページには、インデックスしないでね!と記述すればいいです。

また、SEO的に低品質なページをインデックスさせないことで、サイトの評価を上げることができると言われています。
コンテンツSEOと呼ばれるくらい、コンテンツ(ページの内容・質)を重視しています。
質の悪いページがあれば、質を上げるか、もしくはインデックスされないようにする必要があります。
参考:インデックスの整理で検索流入が二倍になった話

metaタグのrobotsの設定にはどのようなものがあるか?

実際には以下の設定が可能です。

  • noindex:検索エンジンにインデックスさせたくない時に設定
  • nofollow:検索エンジンにそのページ内のリンクをたどらせたくない時に設定
  • noarchive:検索結果にキャッシュへのリンクを表示させたくない時に設定
  • noodp:スニペット(検索結果のタイトル下の文章)にDMOZの紹介文を引用させたくない時に設定
  • noydir:スニペットにヤフーディレクトリの紹介文を引用させたくない時に設定

上記全てを設定する場合の記述方法は以下となります。

meta robotsを記述していない場合は、クローラーもインデックスも許可することになります。

もちろん、WordPressでもmetaタグのrobotsを設定することが可能

もし、WordPressでサイトを構築している場合は、プラグインのAll in One SEOで設定することが可能です。
All in One SEOの設定画面にNoindex設定がありますので、投稿ページ、固定ページなどページ種別ごとに設定することが可能です。
また、各ページごとに設定することも可能です。
弊社でも、サイトリニューアル時にAll in One SEOを使って設定致しました。

上記の内容を元に、各ページのインデックスの許可設定をご検討頂ければ幸いです。

タイトルとURLをコピーしました