Googleにインデックスされているページを調べる方法と、インデックスされていないページを手動で登録する方法

WEB制作・集客
この記事は約4分で読めます。

Googleにインデックスされているページの調べ方

前回のブログ記事で、Googleのインデックスに関してとインデックス削除方法について、ご説明しました。
参考:WEBサイトのmetaタグのrobotsはSEO的にも有効らしいので、WordPressでインデックスの設定した方がいい

今回は、インデックスされているページの調べ方をご説明致します。
また、ページがインデックスされていない場合に、手動でインデックス登録する方法もあわせてご説明致します。

Google Search Console(サーチコンソール)に登録する

まずは、Google Search Console(サーチコンソール)に登録頂く必要があります。

登録方法は簡単ですので、ここでの説明は省略させて頂きます。
Google Search Console

Googleにインデックスされているページを調べる

あなたのサイトのページがGoogleにインデックスされているかを調べる方法です。

インデックスに登録されたページ総数の調べ方

インデックスに登録されたページの総数を調べるには、インデックスステータスを見ます。
サーチコンソールのGoogleインデックス>インデックスステータスです。
サーチコンソール>Googleインデックス>インデックスステータス

以下のようにインデックス数の履歴が折れ線グラフで表示されます。
現在のインデックス数は、グラフの上の「インデックスに登録されたページの総数」に表示されています。
グラフ線の上にマウスを持っていくと、日付とその時点でのインデックスに登録されたページ総数が表示されます。
サーチコンソール>Googleインデックス>インデックスステータス

ちなみに、「グラフ データをダウンロード」をクリックすると、日付とインデックス数をCSV形式もしくはGoogleドキュメント形式でダウンロードすることができます。
サーチコンソール>Googleインデックス>インデックスステータス>ダウンロード

実際にインデックスされたページの調べ方

実際にインデックスされたページがどのページかを調べる方法ですが、サーチコンソールにはそのような機能はありません。
しかし、サイトマップのページを活用することで、ある程度調べることができます。
サーチコンソールのクロール>サイトマップです。
サーチコンソールのクロール>サイトマップ

以下のように、Googleに送信したサイトマップに対して、どれだけインデックスされたかが表示されています。
インデックスステータスで表示されているインデックス数と異なるので、残念ながらサイトマップでインデックスされたページを100%確認することはできません。
サーチコンソールのクロール>サイトマップその1

/sitemap.xmlをリクックしてみると、さらに細かい情報が表示されます。
WordPressのプラグイン「Google XML Sitemaps」でサイトマップを自動生成している為、どうして下記のようにsitemap.xmlが細かく分かれているのかは不明です。
もしくは、「Google XML Sitemaps」プラグインでなく、サーチコンソールの仕様かもしれませんが、今回調べておりませんので、その辺りは不明です。
サーチコンソールのクロール>サイトマップその2

例えば、上記画像の3番目に表示されている「/sitemap-pt-page-2016-07.xml」をクリックすると以下のページに遷移致します。
サーチコンソールのクロール>サイトマップその3

更に、上記画像の上部にある「/sitemap-pt-page-2016-07.xml」をクリックすると以下のページに遷移致します。
「/sitemap-pt-page-2016-07.xml」では6ページを送信していて、6ページがインデックスに登録済みとなっているので、下記画像に表示されている6ページはインデックスに登録されていることとなります。
サーチコンソールのクロール>サイトマップその4

ちょっと面倒ですが(かなり?)、上記がインデックスされているページがどのページかを調べる方法です。

インデックスされていないページを手動で登録する

Googleにインデックスされていないページがあれば、サーチコンソールで登録することができます。
サーチコンソールのクロール>Fetch as Googleです。

インデックスを登録したいURLを入力後、取得ボタンをクリックします。
インデックスを登録したいURLを入力後、取得ボタンをクリック

そうすると、下の一覧ページに入力したURLの結果が表示されます。
インデックスに登録する為に、一覧に表示されている「インデックスに送信」をクリックします。
「インデックスに送信」をクリック

「痩身方法の選択」ポップアップが表示されますので、選択し「送信」ボタンをクリックします。
「送信」ボタンをクリック

「この URL のみをクロールする」と「この URL と直接リンクをクロールする」の違いは以下となります。

この URL のみをクロールする

単一のURL このオプションでは上記のURLのみが再クロールされます。この選択での送信は残りXXX件です(月間割り当て500件)。

この URL と直接リンクをクロールする

複数のURL このオプションでは上記のURLと、直接リンクされたページが再クロールされます。この選択での送信は残りXX件です(月間割り当て10件)。

これでインデックスに送信されました。
インデックスに送信されました

前回のブログ記事で、インデックスの重要に触れました。
ある程度、サイト運営者自身がコントロールできることですので、できる限りの管理はしておくべきだと思います。
参考:WEBサイトのmetaタグのrobotsはSEO的にも有効らしいので、WordPressでインデックスの設定した方がいい

タイトルとURLをコピーしました