EC-CUBEで使える決済手段と設定方法をかんたん解説

EC-CUBEで使える決済手段とその設定方法を簡単にご説明します EC-CUBE
この記事は約5分で読めます。

2010年以前はECサイトで利用できる決済手段は少なかった

2010年以前はECサイトの決済手段といえば、

  • クレジットカード決済
  • 口座振込
  • 代金引換

の3つがあれば十分でした。
特にクレジットカード決済は導入費用・固定費用ともにECサイト事業者の負担になる為、導入を見送るショップも少なくはありませんでした。(個人規模のサイトだとなおさら導入しないことが多かったです)
今となってはクレジット決済がないネットショップなんてありえませんね。

2010年以降は豊富な決済手段をアピールするECサイトが現れた

2010年以降は豊富な決済手段をアピールするECサイトが現れました。
多くの企業がEC事業に参入する中で差別化の一つとして決済手段を豊富にすることが考えられた為です。

また、ユーザーの決済手段が多様化していた為、支払い方法が少ないことで機会損失を招いていたのもこの頃です。
希望の支払い方法がなければ競合サイトへ顧客を奪われることもしばしばありました。

現金以外の支払い方法が増えた

下図は総務省の調査「平成30年 通信利用動向調査報告書 (世帯編)」からの抜粋ですが、インターネットを利用するユーザーが利用する決済方法が多様化していることが伺えます。
インターネットで購入・取引する場合の決済方法の推移
平成30年 通信利用動向調査報告書 (世帯編) 総務省

特に現金以外の決済方法がグンと伸びています。
様々な決済手段を提供しているECサイトはより多くのユーザー・ニーズに応えることができ、ユーザーにとってユーザビリティのよいサイトであると言えます。

EC-CUBEで利用できる決済手段

ここからは、EC-CUBEではどのような支払い方法を利用することができるのか、また簡単な利用方法をご説明したいと思います。

EC-CUBEで利用できる支払い方法

以下はEC-CUBEで利用可能な決済手段です。

  • 銀行振込
  • 口座振替
  • 代金引換
  • 郵便振替
  • 現金書留
  • クレジットカード決済
  • コンビニ決済(前払い式ペーパレスタイプ)
  • 銀行決済(銀行ATM、インターネットバンキング)
  • 電子マネー決済(ウェブマネー、BitCash、電子マネーちょコム)
  • Amazon Pay
  • 楽天ペイ
  • LINE Pay
  • PayPal
  • 後払い決済
  • コンビニ後払い
  • NP後払い
  • リクルートかんたん支払い
  • Paid(BtoB掛売り決済)
  • 銀聯ネット決済
  • Alipay

EC-CUBEで各決済手段を利用する方法

EC-CUBEで決済手段を利用する方法は2つあります。

  • EC-CUBE管理画面>店舗設定>支払い方法設定で支払い方法を追加することで利用可能
  • 決済代行会社と契約し、決済モプラグインをインストールすることで利用可能

2つの違いは、利用する支払い方法が決済代行会社と契約する必要があるか否かです。

利用するためには決済代行会社と契約の必要がある決済手段

決済代行会社と契約する(決済代行サービスを利用する)必要がある決済手段は以下です。

  • クレジットカード決済
  • コンビニ決済(前払い式ペーパレスタイプ)
  • 銀行決済(銀行ATM、インターネットバンキング)
  • 電子マネー決済(ウェブマネー、BitCash、電子マネーちょコム)
  • Amazon Pay
  • 楽天ペイ
  • LINE Pay
  • PayPal
  • 後払い決済
  • コンビニ後払い
  • NP後払い
  • リクルートかんたん支払い
  • Paid(BtoB掛売り決済)
  • 銀聯ネット決済
  • Alipay

決済代行サービスの利用には初期費用・月額費用・決済手数料・トランザクション料・決済取消手数料などが発生します。
最近、月額費用ゼロでシンプルに決済手数料のみ取る決済サービスも現れました。
サイトの売り上げがそう多くない場合はシンプルな決済会サービスを選択されるのも良いかと思います。
売上が多くなれば、手数料を下げる交渉なども可能になりますので、ECサイト立ち上げ時はそうこだわることもないかもしれません。

尚、クレジットカード決済やコンビニ決済は審査があります。
審査が通って初めて利用可能となります。

決済代行サービスを利用する場合は、決済会社が提供する決済プラグインをインストール・設定します。
決済プラグインとはEC-CUBEと決済代行システムを連携するプログラムのことで、決済モプラグインを導入することでクレジット決済やコンビニ決済・電子マネーなどが利用できます。
決済代行会社と契約し、決済プラグインをインストールする

クレジット決済代行の仕組み1/3:決済代行会社とは?
クレジットカード決済代行とは、「代行」というくらいですから、何かを代行している訳です。それは何かと言うと、「クレジットカード会社の業務」です。で、クレジットカード会社には、イシュアー(issuer)とアクワイアラー(Aquirer)の業務があります。・イシュアー(issuer)とは文字通り、クレジットカードを発行する業務・アクワイアラー(Aquirer)は、加盟店と契約する(加盟店を開拓する)業務

決済代行会社と契約しなくても利用できる決済手段

決済代行会社と契約しなくても利用できる決済手段の場合、EC-CUBE管理画面>店舗設定>支払い方法設定で支払い方法を追加すればEC-CUBE上で利用できます。
EC-CUBE管理画面>店舗設定>支払い方法設定で支払い方法を追加
決済代行会社と契約しなくても利用できる決済手段は以下となります。

  • 銀行振込
  • 口座振替
  • 代金引換
  • 郵便振替
  • 現金書留

EC-CUBEで利用できない決済手段はない?

上記以外の支払い方法でもEC-CUBEだと利用可能です。
決済会社は外部システムと連携する為のAPIを提供しています。
決済会社のAPIを利用して決済システムと連携するようEC-CUBEをカスタマイズすれば、どんな支払い方法でも利用可能となります。

EC-CUBE APIとは?特徴・メリット・利用方法を徹底解説。
APIとは?APIとは、Application Programming Interfaceの略称です。 Application:ソフトウェア Programming:プログラミング Interface:接点直訳すると「ソ...

決済をカスタマイズする

EC-CUBEであれば、決済周りをカスタマイズすることが可能です。
例えば、以下のようなカスタマイズ事例があります。

  • 初めての購入の場合に支払い方法をクレジットカードのみにする
  • クレジットの課金タイミングを変更する
  • 決済モジュールの不具合対応
  • 商品によって実売上と仮売上を分ける
  • 掛売りが使えるようにする

決済周りのカスタマイズ事例は以下にまとめていますので、ぜひご覧ください。

EC-CUBEカスタマイズ集「決済・支払い方法」編
決済に関するEC-CUBEカスタマイズ事例今回は数多くのEC-CUBEカスタマイズ事例から決済に関するカスタマイズをまとめます。EC-CUBE決済モジュールをカスタマイズすることで、決済モジュールでは提供されていない機能を追加すること...

投稿者プロフィール

HORIKAWACEO
関西大学卒業後、大手ゼネコンにて人事総務業務に携わる。
幼少よりモノ作りが好きだったこともあり、自らの手でモノを作りたいという思いを強く抱くようになり、未経験でシステムベンダーへ転職。

IBMオフコンAS400で金融サービス、物流、販売管理、経理、人事総務などのシステムを開発。
台北に駐在し遠東國際商業銀行の個人向け貸付システム構築プロジェクトに参画するなど貴重な経験を積む。
10年の間に、プログラマ、SE、プロジェクトリーダー、プロジェクトマネージャーを務め、「完成度の高いシステムは、要件定義の質に比例する」と学ぶ。

その後、クレジットカード決済代行会社にヘッドハンティングされ、決済システムの刷新・
国内外の銀行システムとの接続・クライアントのECサイト構築を行う。
また、社内の組織改革を任され、20名から60名へ会社規模を拡大。(退任時役職:常務取締役)

2008年クリエイティブチーム・サンクユーを立ち上げ、2010年に株式会社サンクユーを設立。

クライアントの業界、取扱商材、ターゲット顧客を理解することで、結果が出るWEBサイトを提案・制作。
ECサイト構築・運営への造詣も深く、NTTレゾナント株式会社が運営するgoo Search Solutionでコラムを執筆。
ECマーケティングレポート | goo Search Solution – ECサイト内検索・商品検索サービス
タイトルとURLをコピーしました