【初心者向け】EC-CUBEで使える決済手段と設定方法を徹底解説

EC-CUBEで使える決済手段とその設定方法を簡単にご説明します EC-CUBE
この記事は約4分で読めます。

以前はECサイトで利用できる決済手段は限られていた

以前(2010年以前)はECサイトの決済手段といえば、

  • クレジットカード決済
  • 口座振込
  • 代金引換

の3つがあれば十分でした。
特にクレジットカード決済は導入費用・固定費用ともにECサイト事業者の負担になる為、導入を見送るショップも少なくはありませんでした。(個人規模のサイトだとなおさら導入しないことが多かったです)
今となってはクレジット決済がないネットショップなんてありえませんが。

ECサイトに対する決済手段のニーズが多様化した

2010年以降は上記3種類の支払い方法ではECサイト利用ユーザーを満足させることができなくなりました。
それは多様な決済手段が現れたとともに、ユーザーの利用する決済手段も幅広いものとなった為です。
3つの支払い方法だけではユーザーのニーズに応えることができなくなったのです。

下図は総務省の調査「平成30年 通信利用動向調査報告書 (世帯編)」からの抜粋ですが、インターネットを利用するユーザーが利用する決済方法が多様化していることが伺えます。
インターネットで購入・取引する場合の決済方法の推移

平成30年 通信利用動向調査報告書 (世帯編) 総務省

つまり、様々な決済手段を使えるECサイトは様々なユーザーのニーズに応えることができるサイトであり、ユーザーにとっては使い勝手の良いサイトと言えます。

EC-CUBEで利用できる決済手段

ECサイトにとって様々な決済方法を用意することは、顧客満足度を高めることとなります。

弊社ではECサイトはECシステム「EC-CUBE」をベースに構築しています。
EC-CUBEに強い制作会社が売れるネットショップを制作します

EC-CUBEではどのような支払い方法を利用することができるのか、また簡単な利用方法をご説明したいと思います。

EC-CUBEで利用できる支払い方法

以下はEC-CUBEで利用可能な決済手段となります。

  • 銀行振込
  • 口座振替
  • 代金引換
  • 郵便振替
  • 現金書留
  • クレジットカード決済
  • コンビニ決済(前払い式ペーパレスタイプ)
  • 銀行決済(銀行ATM、インターネットバンキング)
  • 電子マネー決済(ウェブマネー、BitCash、電子マネーちょコム)
  • Amazon Pay
  • 楽天ペイ
  • LINE Pay
  • PayPal
  • 後払い決済
  • コンビニ後払い
  • NP後払い
  • リクルートかんたん支払い
  • Paid(BtoB掛売り決済)
  • 銀聯ネット決済
  • Alipay

EC-CUBEで各支払い方法を利用する方法

EC-CUBEで決済手段を利用する方法は2つあります。

  • EC-CUBE管理画面>店舗設定>支払い方法設定で支払い方法を追加することで利用可能
  • 決済代行会社と契約し、決済モジュールをインストールすることで利用可能
クレジット決済代行の仕組み1/3:決済代行会社とは?
クレジットカード決済代行とは、「代行」というくらいですから、何かを代行している訳です。それは何かと言うと、「クレジットカード会社の業務」です。で、クレジットカード会社には、イシュアー(issuer)とアクワイアラー(Aquirer)の業務があります。・イシュアー(issuer)とは文字通り、クレジットカードを発行する業務・アクワイアラー(Aquirer)は、加盟店と契約する(加盟店を開拓する)業務

2つの違いは、利用する支払い方法が決済代行会社と契約する必要があるか否かです。
その判断は難しいと思います。
ですから以下に決済代行会社と契約しなくても利用できる決済手段、契約する必要がある決済手段を記載します。

決済代行会社と契約しなくても利用できる決済手段

決済代行会社と契約しなくても利用できる決済手段の場合、EC-CUBE管理画面>店舗設定>支払い方法設定で支払い方法を追加すればEC-CUBE上で利用できます。
EC-CUBE管理画面>店舗設定>支払い方法設定で支払い方法を追加
決済代行会社と契約しなくても利用できる決済手段は以下となります。

  • 銀行振込
  • 口座振替
  • 代金引換
  • 郵便振替
  • 現金書留

契約する必要がある決済手段

契約する必要がある決済手段の場合、決済代行会社と契約後に決済プラグインをインストールすればEC-CUBE上で利用可能となります。
決済代行会社と契約し、決済モジュールをインストールする
契約する必要がある決済手段は以下となります。

  • クレジットカード決済
  • コンビニ決済(前払い式ペーパレスタイプ)
  • 銀行決済(銀行ATM、インターネットバンキング)
  • 電子マネー決済(ウェブマネー、BitCash、電子マネーちょコム)
  • Amazon Pay
  • 楽天ペイ
  • LINE Pay
  • PayPal
  • 後払い決済
  • コンビニ後払い
  • NP後払い
  • リクルートかんたん支払い
  • Paid(BtoB掛売り決済)
  • 銀聯ネット決済
  • Alipay

EC-CUBEで利用できない決済手段はない?

上記以外の支払い方法でもEC-CUBEだと利用可能です。
決済会社は外部システムと連携する為のAPIを提供しています。
決済会社のAPIを利用して決済システムと連携するようEC-CUBEをカスタマイズすれば、どんな支払い方法でも利用可能となります。

【初心者向け】EC-CUBE APIとは?特徴・メリット・利用方法を徹底解説。
APIとは?APIとは、Application Programming Interfaceの略称です。 Application:ソフトウェア Programming:プログラミング Interface:接点直訳すると「ソ...
タイトルとURLをコピーしました