PHP5.6のセキュリティサポートが2018年12月31日で切れる為、EC-CUBE2系をPHP7対応にする必要があります

PHP5.6のセキュリティサポートが2018年12月31日で切れる為、EC-CUBE2系をPHP7対応にする必要があります EC-CUBEカスタマイズ
この記事は約2分で読めます。
株式会社サンクユーはEC-CUBEに強い制作会社で、EC-CUBE構築EC-CUBEカスタマイズが得意なEC-CUBEインテグレートパートナーです。
本コラムではEC-CUBEカスタマイズ事例やEC-CUBEに関する情報を発信しています。
今回のテーマは『PHP5.6のセキュリティサポートが2018年12月31日で切れる為、EC-CUBE2系をPHP7対応にする必要があります』です。

PHP5.6のセキュリティサポートが今年2018/12/31で切れる

PHP5系の最後のバージョンPHP5.6のセキュリティサポートが今年2018/12/31で切れます。
尚、各バージョンのサポート期限は下図のようになっています。
PHPサポート状況

詳細はPHP公式サイトに記載されています。
PHP: Supported Versions
http://php.net/supported-versions.php

EC-CUBE2.13系はPHP7では動作しない

EC-CUBE2.13系はPHP5.2以上がソフトウェア要件となっています。
EC-CUBE2.13系はPHP5.2以上がソフトウェア要件
ソフトウェア要件|EC-CUBE公式サイト
https://www.ec-cube.net/developers/

「PHP5.2以上」と言ってもPHP7系には対応していません。

EC-CUBE2.13系をPHP7で動作させる為には改修が必要

PHP5.6のサポートが切れた後そのまま使用し続けるのは大変危険です。
その為、EC-CUBE2.13系で構築したECサイトはPHP7系で正常に動作するよう改修する必要があります。
改修内容としては以下が挙げられます。

  • EC-CUBE本体の改修
  • EC-CUBEカスタマイズ部分の改修
  • プラグインの改修
  • 決済モジュールの改修

結構対応は多いです。
また、カスタマイズの範囲、導入しているプラグインの数、利用している決済モジュールによって工数が変動します。

上述の通り、PHP7.1のセキュリティサポートが2019/12/1、7.2のセキュリティサポートが20120/11/30に切れますので、可能であればPHP7.2に最適化させるのがベストだと思います。

タイトルとURLをコピーしました