EC-CUBEで受注生産・受注販売サイトを構築する

EC-CUBEで受注生産・受注販売サイトを構築する EC-CUBEカスタマイズ
この記事は約3分で読めます。
株式会社サンクユーはEC-CUBEに強い制作会社で、EC-CUBE構築EC-CUBEカスタマイズが得意なEC-CUBEインテグレートパートナーです。
本コラムではEC-CUBEカスタマイズ事例やEC-CUBEに関する情報を発信しています。
今回のテーマは『EC-CUBEで受注生産・受注販売サイトを構築する』です。

EC-CUBEは在庫販売の為のECシステム

EC-CUBEは基本的に在庫販売の為のECシステムです。
その為、予約販売サイトや受注生産サイトを構築することはできません。
(無理くり運用でカバーすれば何とかできるかもしれませんが)

EC-CUBEで予約販売サイトを構築する

EC-CUBEで予約販売(受注生産)をする為には、カスタマイズが必要となります。

予約販売期間を設定できるようにする

受注生産な訳ですから予約販売する期間が決まっています。
管理画面>商品管理で商品ごとに予約販売期間を設定できるようにしています。
画像のようにカレンダーで簡単に日付がセットできます。

予約販売期間を設定

予約販売期間を設定

予約ボタンを表示する

注文ボタンでも問題ないですが、予約販売な訳ですから注文ボタンよりは予約ボタンの方がユーザビリティは向上します。

注文ボタンを予約ボタンにする

注文ボタンを予約ボタンにする

最低限、上記のカスタマイズをすれば、EC-CUBEで予約販売を行えるのではないでしょうか。
ただ、弊社で構築した予約販売サイトは以下のことも考慮してEC-CUBEをカスタマイズ致しました。
参考程度に以下ご覧下さい。

予約販売を行うに際しての課題

予約販売を行うに際しての課題は以下が考えられます。

支払い方法・支払いタイミングをどうするか?

支払い方法と支払いタイミングをどうするかを検討する必要があります。
クレジットカードの場合、予約注文の際に売上確定してしまって問題ないのであれば、それが一番楽です。
しかし、商品発送時に課金したい場合は、多大なカスタマイズが発生致します。
コンビニ決済も通常は注文から一定期間内に支払いをする必要があります。
受注生産が3ヶ月後、半年後となると、商品発送のかなり前に入金をして貰う必要があります。
代引きが一番予約販売に適しているかもしれません。

この辺りは、サイト(会社)としての方針を明確にし、その方針に従ってEC-CUBEをカスタマイズすることになります。

退会処理

EC-CUBEの退会は制限がありません。
会員はいつでも退会をすることが可能です。
商品生産前に退会されると受注生産の意味がありません。
予約中の商品がある場合は退会できないよう制限する必要が出てきます。

会員情報の更新

退会と同じように、EC-CUBEの会員情報の更新には制限がありません。
また、会員情報の住所を変更しても受注情報の住所は変更されません。
予約から生産までの期間が長いと、当然引っ越しする会員もいる訳です。
会員情報が変更されれれば、予約中の受注情報も同時に変更する必要があります。

タイトルとURLをコピーしました