【徹底解説】EC-CUBEプラグインとは?長所・短所、利用方法、注意事項

【徹底解説】EC-CUBEプラグインとは?長所・短所、利用方法、注意事項 EC-CUBE
この記事は約7分で読めます。

プラグインとは

プラグインとは、インストールすることで簡単にシステムを機能拡張できるプログラムです。

通常、システムに機能を追加する為には開発作業が必要ですが、プラグインはインストールするだけで機能が拡張できます。
その為、プラグインを利用すれば開発工数や開発コストを省けます。

どんなシステムでもプラグインで機能拡張ができる訳ではありません。
プラグインを利用できるようにシステムが設計・開発されている必要があります。

EC-CUBEのプラグイン

EC-CUBEはプラグインが利用できるよう設計・開発されています。
プラグインで様々な機能をEC-CUBEに追加できます。

EC-CUBEのプラグインはオーナーズストアで公開されている

EC-CUBEのプラグインはオーナーズストアで公開されています。
オーナーズストアに会員登録をすればプラグインをダウンロードできます。

EC-CUBEオーナーズストアで簡単ECサイト構築!
EC-CUBEオーナーズストアとは、開店から運営まで、欲しい機能が全て揃う、ECサイトをより充実させるサービスを提供するお店です。

様々なプラグインがある

EC-CUBEには様々なプラグインが存在しています。

  • デザインテンプレート
  • 決済
  • 集客
  • 販売促進
  • 顧客管理
  • 物流在庫管理
  • SNS機能

プラグインを利用することで、上記の機能をEC-CUBEに追加することが可能です。

EC-CUBEの各バージョンに対応したプラグインがある

EC-CUBEは2.13系、3系、4系の3つのバージョンが公開されています。
各バージョンはシステム互換性がない為、プラグインも各バージョンに対応したものでなければ利用できません。
プラグインを利用の際は、バージョンが適合しているかを必ず確認してください。

EC-CUBEのバージョンをかんたんに確認する方法
EC-CUBEのバージョンには2系、3系、4系があるEC-CUBEにのバージョンは大きく3種類あります。2系、3系、4系です。いずれも現存しており、EC-CUBE公式サイトからダウンロードすることができます。EC-CUBEダウンロ...

プラグインには有料版と無料版がある

EC-CUBEのプラグインは有料と無料があります。

無料プラグインは基本的な機能が多い印象ですが、中には有料でも良いと思えるプラグインもあります。
無料プラグインだけでもECサイトを構築することはできます。

【2022年版】EC-CUBE4無料プラグインおすすめ10個。無料で売れるECサイト制作。
前回、EC-CUBEの有料プラグインを紹介しました前回はEC-CUBEの有料プラグインでおすすめ10個をご紹介いたしました。有料のプラグインは高機能なものが多く、EC-CUBEを大幅に機能アップしてくれることをご理解頂けたかと思い...

有料プラグインは高機能なものが多く、高機能なECサイトを構築する場合は欠かせません。

【2022年版】EC-CUBE4有料プラグインおすすめ10個。低予算で高機能ECサイト制作。
EC-CUBEはプラグインで簡単に機能拡張ができるEC-CUBEは標準でECサイトの基本的機能が実装されています。EC-CUBEのデフォルトの状態でもECサイトを運営することができますが、プラグインを利用することで様々な機能を追加するこ...

プラグインのメリット

プラグインのメリットをご紹介します。

EC-CUBEの制作費用を抑えることができる

プラグインを利用すれば独自開発するよりも、費用を抑えられます。
例え有料のプラグインであっても、同一機能を開発するよりも明らかにコストは抑えられます。

短いスケジュールでEC-CUBEを制作できる

プラグインをインストールすれば、すぐに機能が利用できます。
プラグインは開発工数が発生せず、スケジュールの短縮が可能です。
短い期間でECサイトを構築できます。

プラグインのデメリット

プラグインのデメリットです。

プラグインの仕様に従う必要がある

プラグインはあらかじめ仕様が決まっています。
希望する仕様とプラグイン仕様が異なる場合、プラグインの仕様に従う必要があります。

プラグインを改修することも可能ですが、アップデートができないなど弊害もありおすすめしません。

プラグインにも不具合が存在する

プラグインにも不具合が存在することがあります。
有料のプラグインであっても同様です。

EC-CUBE4のプラグインは有料であっても不具合があることがある
EC-CUBE4のプラグインは有料のものと無料のものがあるEC-CUBE4はプラグインを利用することで簡単に機能を拡張することができます。プラグインには有料と無料があります。無料だから悪い、有料だから良いというものではなく、プラグイン...
EC-CUBEプラグインの競合で受注完了メールが送信されない不具合
先日、EC-CUBEの受注完了メールが送信されなくなったので調査して欲しいとご相談がございました。少しヒアリングすると以下のことが分かりました。 以前は受注完了メールが送信されていた 受注周りをカスタマイズした記憶がない ...

プラグインに不具合があった場合、開発元が迅速に対応するとは限りません。
有料プラグインでもすぐに対応して貰える可能性は小さく、無償なら尚更のこと不具合対応に時間を要します。

他の開発会社に不具合修正を依頼しても、プログラムを解析・調査する必要があるので、不具合対応に多くの工数・コストが掛かる可能性もあります。

弊社ではプラグインの不具合、他の制作会社が構築したEC-CUBEの不具合も対応可能です。
不具合でお困りの際はお気軽にご相談くださいませ。

EC-CUBEの不具合対応。不具合の調査・対策・対応手順をかんたん解説。
システムの不具合には2種類ある不具合はユーザーに迷惑を掛け、ECサイトの信頼を失うことになりかねません。また、本来はないはずの不具合が発生することで、余計なコスト(人的・金銭的)が発生します。システムの不具合には2種類あります。一...

プラグインのエラーが発生する

プラグインのインストール時・アップデート時・有効化時にエラーが発生することがあります。
プラグイン・エラーはシステムに精通している方でないと対応が困難な場合が多いです。

EC-CUBEプラグイン・インストール時のエラーの原因と対応策
EC-CUBEプラグインのインストール時、アップデート時にエラーが発生するEC-CUBEにプラグインをインストールする際にエラーが発生したり、バージョンアップする際にエラーが発生することがあります。 プラグイン・インストール時にエラ...

EC-CUBEのプラグインのインストール方法

プラグインのインストール方法は2種類あります。

オーナーズストアで購入する場合

EC-CUBEオーナーズストアでプラグインを購入すると、「EC-CUBE管理画面>オーナーズストア>プラグイン>プラグイン一覧」に購入したプラグインが表示されます。
この時点ではステータスが無効になっていますので、有効にすることでプラグインを利用することができます。

プラグインによっては有効化だけでは利用できず、設定が必要なものがあります。
設定が必要なプラグインの場合、マニュアルに則って設定を行います。

EC-CUBE管理画面から入手する場合

「EC-CUBE管理画面>オーナーズストア>プラグイン>プラグインを探す」でプラグインを検索することができます。
検索結果に表示されたプラグインを入手することで、「EC-CUBE管理画面>オーナーズストア>プラグイン>プラグイン一覧」に入手したプラグインが表示されます。
ステータスが無効になっていますので、有効にすることでプラグインを利用することが可能になります。

プラグイン導入の際のチェックポイント

プラグイン導入時のチェックポイントを下記致します。

プラグインが対応しているEC-CUBEのバージョンを確認する

EC-CUBEにはバージョンが複数存在します。
2.13系・3系・4系です。

3つのバージョンはシステム的に互換性がありません。
プラグインもそれぞれのバージョンごとに開発されており、EC-CUBEのバージョンに対応していないプラグインは動作しません。

必ずEC-CUBE対応バージョンを確認の上、プラグインを利用してください。

EC-CUBEのプラグインは対応バージョンを守らないと、大きなトラブルの元になります。 | サンクユーWEB制作ブログ
EC-CUBEにお問い合わせ管理プラグインをインストールしたが、改ページ処理を行うと一覧表示されているお問合せが消える。というご相談を頂きました。 参考:お問い合わせ管理プラグイン ■改ページ処理を行う前 問い合わせの履
プラグインが未対応の場合EC-CUBEをダウングレードすべき? | サンクユーWEB制作ブログ
EC-CUBEのダウングレード EC-CUBEをダウングレードしたいというお問い合わせがありました。 通常、EC-CUBEをダウングレードしたいというご要望は頂かないので、不思議に思いました。 理由をお伺いすると、以下の

尚、マイナーバージョン・レベルで未対応の場合は、プラグインを改修することで利用できる可能性があります。
以下は、EC-CUBE2.13.2まで対応しているプラグインを、EC-CUBE2.13.5に対応させた例です。

EC-CUBEにバージョン未対応のプラグインをインストールする
EC-CUBEのプラグインEC-CUBEにはプラグインがあり、プラグインで様々な機能を拡張することが可能です。弊社の方針としては基本的にプラグインは利用致しませんが、お客様の予算の関係上どうしてもプラグインを使用したいとご要望を頂くこと...

プラグインの仕様をしっかり理解する

導入前にプラグインの仕様をしっかり理解しておく必要があります。
その為にはプラグイン開発元が提供している資料やマニュアルを読んでください。

可能であれば、テストサイトにインストールして実際の動きを確かめることをおすすめします。

仕様を正確に理解しないまま導入してしまうと、トラブルの元になります。

EC-CUBE4のStripe決済プラグインの注意しておくべき動作
EC-CUBEのプラグインは公式・非公式があるEC-CUBEのプラグインには、公式なものと非公式なものがあります。公式なプラグインはEC-CUBEオーナーズストアで公開されているものです。オーナーズストアで販売されているプラグインは...

プラグインの導入実績

プラグインがどれくらいインストールされているかも大切です。

導入実績が多いということは、そのプラグインが使い勝手がよいという証拠です。
また、多くのサイトで利用されているプラグインは不具合がない安全と判断できます。

プラグイン開発元

プラグイン開発元がどのような会社かを調べてください。
EC-CUBEの制作実績、プラグインの開発実績、問題があった場合に迅速に対応して貰えそうか、などを見ます。

アップデート頻度

EC-CUBE本体のアップデートがあれば、都度プラグインも対応させる必用があります。
また、不具合の対応が随時行われているのか、などプラグインのアップデート頻度を確認します。
プラグインの更新頻度はEC-CUBEオーアナーズストアのプラグイン・ページで開示されています。

投稿者プロフィール

HORIKAWACEO
関西大学卒業後、大手ゼネコンにて人事総務業務に携わる。
幼少よりモノ作りが好きだったこともあり、自らの手でモノを作りたいという思いを強く抱くようになり、未経験でシステムベンダーへ転職。

IBMオフコンAS400で金融サービス、物流、販売管理、経理、人事総務などのシステムを開発。
台北に駐在し遠東國際商業銀行の個人向け貸付システム構築プロジェクトに参画するなど貴重な経験を積む。
10年の間に、プログラマ、SE、プロジェクトリーダー、プロジェクトマネージャーを務め、「完成度の高いシステムは、要件定義の質に比例する」と学ぶ。

その後、クレジットカード決済代行会社にヘッドハンティングされ、決済システムの刷新・
国内外の銀行システムとの接続・クライアントのECサイト構築を行う。
また、社内の組織改革を任され、20名から60名へ会社規模を拡大。(退任時役職:常務取締役)

2008年クリエイティブチーム・サンクユーを立ち上げ、2010年に株式会社サンクユーを設立。

クライアントの業界、取扱商材、ターゲット顧客を理解することで、結果が出るWEBサイトを提案・制作。
ECサイト構築・運営への造詣も深く、NTTレゾナント株式会社が運営するgoo Search Solutionでコラムを執筆。
ECマーケティングレポート | goo Search Solution – ECサイト内検索・商品検索サービス
タイトルとURLをコピーしました