【初心者向け】ECサイト構築ツール各種を徹底解説

【初心者向け】おすすめECサイト構築ツールは?ASP、パッケージ、オープンソース、モールを徹底解説 ECサイト構築・運営
この記事は約6分で読めます。

ECサイト構築ツールが多過ぎて、どれを選択すれば良いか分からない。

ECサイトを構築することは決まったが、どのツールを使えば良いか分からない。」というご相談はよく頂きます。

確かにどのツールを使ってもECサイトを作れます。
その中からどのような基準で選択するのかは素人の方では分からないのは当然です。

今回はそのような方でも、自社に最適なツールが選択できるよう丁寧に各ツールをご説明したいと思います。

ECサイト構築ツールの種類を理解する

まずはECサイト構築ツールにはどのような種類があるのかを理解しましょう。
ツールの種類ごとに特色があります。
それぞれの特色を理解すれば、自社に最適なツール種類を選択できるはずです。

ECサイト構築方法として以下の種類があります。

  • スクラッチ開発
  • ASPサービス
  • オープンソース・システム
  • パッケージ・システム
  • モール

スクラッチ開発

スクラッチ開発とは、ゼロからオリジナルのシステムを開発することです。
ゼロからのスタートの為、大幅な開発工数やコストが発生します。

現在では標準的なEC機能を実装したシステムやASPがあります。
そのようなシステムやASPを前提にECサイト構築を進めた方が、短期間かつ低予算でECサイトを作ることができます。
大規模なECサイトや特殊なECサイトでない限り、スクラッチ開発はECサイト構築には向いていません。

ASPサービス

ASPとはApplication Service Providerの略で、月額費用を支払ってインターネット・システムを利用することが可能なサービスのことです。
ASPサービスにはECサイト運営に必要な機能があらかじめ備わっている為、比較的簡単にECサイト事業を始められます。

自社でECシステムを持つと、サーバやクレジット決済の契約や管理が必要となりますが、ASPの場合はASPと契約するだけでサーバやクレジット決済も利用できます。
また、自社でシステムを持たない為、システムのメンテナンスをする手間も省けます。

しかし、ASPサービスは便利な反面、機能がASPが提供するもののみに限定されます。
機能を追加したり改修することができませんので、オリジナルのECサイトを構築するには不向きなサービスです。
事業拡大に伴ってECシステムを拡充することもできない為、長期的なEC事業には適していません。

オープンソース・システム

オープンソース(open source)はソースコードが公開されているシステムで、基本的には無料で使うことができます。
システムをゼロから開発するのはとても大変なことですが、オープンソース・システムを利用すれば比較的短期間かつ低予算でECサイトを構築することが可能です。

オープンソースのECシステムには基本的な機能が備わっていますが、必要に応じてカスタマイズすることで機能を追加したり改修できます。
拡張性がある為どのような機能も追加できますし、EC事業の成長とともにECサイトを成長させることでスピーディーな事業展開を図れます。

自社でシステムを持つことになりますので、サーバやクレジットカード決済の契約・管理が必要ですし、システムを保守する必要もあります。
自社のエンジニアで保守を行うか、制作会社に保守を委託することになります。

パッケージ・システム

パッケージとは開発会社が自社で開発し提供しているECシステムです。

パッケージの場合、標準機能が充実しているのでそのまま利用できることが多いです。
もちろん、カスタマイズして独自機能を実装することも可能で、カスタマイズはパッケージ提供会社が行います。
ASPと同様、パッケージ提供会社と契約をすれば、サーバやクレジット決済も利用可能になります。

パッケージECシステムは大規模ECサイト向けの為機能が充実している反面、初期開発費や月額利用料が高額です。

モール

モールECとは、ショッピングモールから連想されるように1サイトで複数のEC事業者が出店しているECサイトのことを指します。
Amazonや楽天市場がそれに当たります。

モノを販売する為の機能はあらかじめ備わっていますので、比較的スピーディに開業することができます。
また、モール自体に集客力がありますので集客がし易いですのがポイントです。
しかし、ライバルとなるショップが多く出店している為、モール内での競争が激しく、また価格競争に陥りがちです。

各ツールのシステム一覧・サービス一覧

各ツールの種類・特色についてはご理解頂けたと存じます。
自社に合いそうなツールはございましたでしょうか?

ツールごとに様々なシステムやサービスがございますので、本章では各システム・各サービスをご紹介します。

スクラッチ開発

スクラッチ開発はゼロからECサイトシステムを構築する為、システム開発会社にご相談頂くことになります。

ASPサービス

ECサイト構築ASPサービスには以下のものがあります。

  • BASE (ベイス)
  • STORES(ストアーズ)
  • futureshop(フューチャーショップ)
  • ショップサーブ
  • Shopify

オープンソース・システム

  • EC-CUBE(イーシーキューブ)
  • Magento(マジェント))
  • WordPress(ワードプレス)

ちなみに、EC-CUBEは国内No.1シェアのECシステムです。
サンクユーはEC-CUBE公式インテグレートパートナーで、多くのECサイトをEC-CUBEで構築しています。

【徹底解説】EC-CUBEとは?特徴・機能・メリットとデメリット
EC-CUBEとは?EC-CUBEの特徴・機能・メリット・デメリットなど初心者でも分かりやすくご説明します。EC-CUBEとは?今、注目されているEC-CUBE。本コラムでは初心者の方にも分かりやすく説明したいと思います。EC-CU...
EC-CUBEに強い制作会社が売れるネットショップを制作します | 東京のWEB制作会社サンクユー
EC-CUBEに強い制作会社サンクユーが、EC-CUBEで売れるECサイトを制作いたします|EC-CUBEインテグレートパートナー|100サイト以上のEC-CUBEカスタマイズの実績|B2Bサイトも制作可能| EC-CUBEに関することでしたら、どのようなことでもお気軽にご相談下さい

パッケージ・システム

以下のようなECパッケージがあります。

  • ecbeing(イーシービーイング)
  • コマース21
  • ebisumart(エビスマート)
  • EC-ORANGE(ECオレンジ)

モール

以下のようなECモールがあります。

  • Amazon(アマゾン)
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング
  • LOHACO(ロハコ)

ツール別ECサイト構築費用

ECサイト構築の検討時に、ツールの特色と同様、構築費用も重要な要素です。

ツールごとにECサイト構築費用や月額費用は異なります。
あくまで目安となりますが、概算金額を纏めてみました。

ECサイト構築費用にはデザイン、システム設定、システム開発などを含んでいます。
ECサイト保守費用(月額)はデザイン改修、システム改修を含んでいます。
クレジット決済利用料は売上に乗じて変動しますので含めておりません。(通常、クレジット決済額の3〜3.5%)

システム ECサイト構築費用 ECサイト保守費用(月額) 拡張性
スクラッチ開発 3,000万〜3億円 50〜200万円 あり
ASPサービス 30〜100万円 3〜10万円 なし
オープンソース・システム 100〜2,000万円 5〜50万円 あり
パッケージ 1,000〜5,000万円 10〜100万円 あり
モール 50〜200万円 5〜20万円 なし

拡張性のあるECシステムは、機能の追加・改修が可能です。
自由にシステムを改修できる為、改修内容によっては開発費が発生します。
一方、拡張性のないシステムは、機能の追加・改修が不可能です。
システムを改修することができない為、開発費が発生しない為、初期構築費用やシステム保守費用が発生しません。

【初心者向け】EC-CUBEの相場は?適切な見積の判断方法を教えます
ECサイト構築は相場が分かりづらいECサイトを構築する際の相場はなかなか分かりづらいものがあります。ECサイトという形のないものを作る作業に対してどれだけのお金が発生するか、どれくらいの金額が妥当なのか業界人以外は不明だと思います。...
タイトルとURLをコピーしました