EC-CUBEのクレジットカード情報変更機能にreCAPTCHAを導入してみた

EC-CUBEのプラグインについて EC-CUBE
この記事は約3分で読めます。

クレジットカード情報を登録することで、EC-CUBEでもワンクリック決済が可能

EC-CUBEでは初回購入時にクレジットカード情報を登録することで、次回以降の注文でワンクリック決済が可能になります。
正確にはワンクリック決済はクレジット決済代行会社が提供している機能です。
ワンクリック決済を提供していない代行会社と契約している場合は、残念ながら貴ECサイトにワンクリック決済を導入することはできません。

ただ、カートページ以降は極力ユーザに操作をさせないことがコンバージョン(注文)率を上げる秘訣です。
契約している代行会社がワンクリック決済を提供していないなら、代行会社を変更することで売上がアップする可能性は十分にあります。

EC-CUBEに登録したクレジットカード情報は決済代行会社が保管している

少し話が逸れましたが、EC-CUBEに登録したクレジットカード情報はEC-CUBEで保管されるのではなく、クレジット決済代行会社にて保管されます。

クレジットカード情報をEC-CUBEで保管しないので、カード情報流出などのトラブルを避けることが可能です。
尚、ECサイト上でクレジットカード情報を保管することも可能ですが、PCIDSSの取得は必須となります。

ちなみに、2018年3月末までにクレジットカード情報の非保持化が必要となります。
経済産業省が国際水準のクレジットカード取引のセキュリティ環境を整備する為にまとめた実行計画によるものです。
詳細は以下の記事をご覧ください。
ECサイトは2018年までにクレジットカード決済の方法を変更するか、PCI DSSへの準拠が必要
https://www.thank-u.net/blog/ecommerce/creditcard_payment_pcidss_2018/

EC-CUBEに登録したクレジットカード情報はマイページで変更できる

クレジットカードは定期的に更新されます。
更新前と更新語ではクレジットカード番号、有効期限、セキュリティコード(CVV)が変わります。

クレジットカードが更新された場合は、登録しているカード情報を変更する必要があります。
EC-CUBEに登録したクレジットカード情報は、マイページで変更することが可能です。
マイページのカード情報変更画面へ遷移し、カード情報を更新します。

クレジットカード情報変更画面にreCAPTCHAを導入する

クレジットカード情報変更画面のセキュリティ強化のため、reCAPTCHAを導入しました。

reCAPTCHAとは、フォームでの機械(bot)による不正行為を防ぐための機能で、Googleが提供しています。
実際の画面は下図をご覧頂ければと思います。

EC-CUBEのクレジットカード情報変更機能にreCAPTCHAを導入

EC-CUBEのクレジットカード情報変更機能にreCAPTCHAを導入

reCAPTCHAを導入することでbotによる不正行為を防ぐことができます。
今回は、クレジットカード情報変更画面に導入しましたが、色々なところで利用できそうですね。

タイトルとURLをコピーしました