EC-CUBEで対応状況(受注ステータス)の管理を商品ごとに行う

EC-CUBEで対応状況(受注ステータス)の管理を商品ごとに行う EC-CUBEカスタマイズ
この記事は約3分で読めます。
株式会社サンクユーはEC-CUBEに強い制作会社で、EC-CUBE構築EC-CUBEカスタマイズが得意なEC-CUBEインテグレートパートナーです。
本コラムではEC-CUBEカスタマイズ事例やEC-CUBEに関する情報を発信しています。
今回のテーマは『EC-CUBEで対応状況(受注ステータス)の管理を商品ごとに行う』です。

EC-CUBEの対応状況(注文ステータス)

EC-CUBEでは注文データを対応状況(注文ステータス)で管理することができます。

EC-CUBEの対応状況の種類

EC-CUBE標準では以下の対応状況があります。
対応状況は追加・変更・削除が可能ですので、ECサイトによっては以下とは異なることがあります。

  • 新規受付
    注文が入った時点では[新規受付]となります。
    ただし、クレジットカード決済での注文は[新規受付]ではなく、[入金済み]となります。
  • 入金待ち
    注文時に支払いが完了していない状態。
    運用では、[新規受付]の注文内容を確認後に[入金待ち]に変更することが多いです。
    なお、注文時に決済が完了するクレジットカードでの注文はこのステータスが表示されることはありません。
  • 入金済み
    入金が確認できた注文。
    クレジットカード決済の注文は注文時には[入金済み]になっています。
  • キャンセル
    注文がキャンセルされた場合、ステータスを[キャンセル]に変更します。
  • 取り寄せ中
    注文商品の在庫がなく取り寄せ中の場合にこのステータスを使います。
  • 発送済み
    商品の在庫があり、入金が確認でいれば、商品を発送します。
    商品を発送した後にステータスを[発送済み]に変更します。
  • 決済処理中
    注文時にクレジットカード決済を選択し、注文確認画面でECサイトを離れたりブラウザを閉じたりした際にこのステースにないRます。

EC-CUBEの対応状況は受注単位でしか管理できない

各ステータスのご説明をしましたが、このステータスは受注単位でしか管理ができません。

1種類の商品の受注もあれば、複数種類の商品が含まれる受注もあります。
商品が1種類であろうが複数種類であろうが受注単位でしかステータスの管理ができない為、受注の中に発送タイミングが異なる商品や注文数量に満たない商品が混在している場合には管理することができません。

実は送料設定とも関連している

受注単位でしか注文ステータスを管理できないのは不便。
確かにそうなのですが、EC-CUBEの送料も受注単位でしか設定できません。
1つの受注に対してしか送料が設定できないので、注文ステータスも受注単位で問題ない。というのはEC-CUBEの仕様ということになります。

受注明細ごと(商品ごと)にステータスを管理する

とは言え、受注の明細単位(商品単位)で対応状況を管理したいECサイト事業者はいらっしゃいます。
弊社でも過去に商品単位で注文ステータスを管理するようカスタマイズしました。
ただ、上述の通り、送料も注文単位での設定ですので、送料設定もカスタマイズする必要があり、作業工数としては結構大きくなります。

送料設定はシステムで管理せず、マニュアル作業で管理するなんてことも可能です。
また、全商品が送料無料のECサイトなら、送料設定は全く考慮する必要はありませんね。

少し話がズレましたが、受注単位ではなく受注明細単位(商品単位)で対応状況を管理したい場合は、お気軽に弊社までご相談くださいませ。

タイトルとURLをコピーしました