EC-CUBE 年齢制限機能で酒類・アルコールを販売する

EC-CUBEに年齢制限機能を実装し、酒類・アルコールを販売する EC-CUBE
この記事は約1分で読めます。

ECサイトによっては、年齢制限がある商品を取り扱っています。

例えば、アルコール酒類は20歳未満への販売が禁じられていますし、成人向け商品であれば18歳未満への販売が規制されています。

法律により年齢の確認が義務付けられていますので、年齢制限のある商品を扱うECサイトは年齢確認機能を実装する義務があります。

EC-CUBEには年齢制限機能はありませんが、EC-CUBEをカスタマイズすれば簡単に実装することが可能です。

単純に未成年か否かを[YES] [NO]で確認する方法が最も簡単な実装です。
下の画像のようにユーザに生年月日を入力させる方式もあります。
年齢制限機能、アルコール販売での20歳未満の購入制限

ユーザにっては生年月日を入力するので手間が発生しますが、同時に「きちんとしたサイト」という印象を与えます。
1つの手間がサイトの信頼性を上げることになります。

常々、ユーザの手間を増やすことはサイト離脱を招くとお話していますが、手間を増やすことで逆にサイトの信頼性を上げることもあります。

投稿者プロフィール

Nakamura
サンクユーのEC-CUBE先生。
EC-CUBEのカスタマイズをし出して早15年。
難易度の高いカスタマイズもお任せ。
2系、3系、4系すべて対応可能。

実はjavaでの業務システム開発がエンジニア人生のスタート。
PHP、Perl、フロントエンド開発、Movable Type、Wordpressも得意という万能エンジニア。
タイトルとURLをコピーしました