BEAMSオンラインショップでダウンジャケットを探そうとしたら迷ったので、各ショップのカテゴリーを調べてみた。

ECサイト構築・運営
この記事は約5分で読めます。
株式会社サンクユーは売れるECサイト構築が得意なweb制作会社です。
ECサイトの構築・運営に関するお役立ち情報を発信しています。
今回のテーマは『BEAMSオンラインショップでダウンジャケットを探そうとしたら迷ったので、各ショップのカテゴリーを調べてみた。』です。

今年の冬は厳冬?

2019年今年の冬は寒いですね。
11月下旬から真冬並みの気温になったり、2019年12月7日には横浜で初雪観測されました。
横浜の初雪は平年より6日早いそうです。

今年の冬は厳冬になるんでしょうか。
寒がりの私は暖冬がありがたいのですが。。。

ダウンジャケットの季節

寒くなると無性にダウンジャケットが欲しくなります。
これからダウンジャケットの季節ですね。

ダウンジャケットは数着持っているので、実際に買うことはないのですが、新しいダウンジャケットをついついチェックしてしまいます。
年々機能がアップグレードしてたり、かっこいいデザインのものが販売されますからね。
昔はダウンジャケットはファッション性は二の次で、暖かければいいみたいなポジションでしたが、今はファッション性が重要なアイテムになりました。

BEAMSオンラインでダウンジェケットを調べてみる

とりあえず服を探すとなれば、BEAMSオンラインです。
私自身BEAMSオンラインで購入することはないのですが(すみません。。。)、アパレル系オンラインショップのベンチマークの1つとしてBEAMSオンラインは最適ではないでしょうか。

グローバルメニューの「アイテム」をマウスオーバーすると、ドロップダウンメニューが表示されます。
BEAMSオンラインショップのカテゴリー

探しているアイテムはダウンジャケットなので、「ジャケット」をクリックするとテイラージャケットの一覧が表示されました。
よく見るとアイコンがテーラージェケットですね。
私はアイコンを見ずに「ジャケット」という単語だけでクリックしてしまいました。
そういう人は意外に多いんじゃないでしょうか。

次に私の目が行ったのが「コート」です。
コートは冬のアウターですので、きっと「コート」にダウンジャケットがあると思ってクリックしました。
アイコンもダウンぽいですしね笑
結果はダウジャケットはありませんでした。
コートの一覧が表示されました。

うーん、おかしいなと思いながら、アイテムを探すと「ブルゾン」がありました。
三度目の正直で「ブルゾン」をクリックすると、やっとありました。
「ダウンジャケット・ベスト」というカテゴリ名です。
BEAMSオンラインショップのブルゾンカテゴリー

しかも、私の感覚だとブルゾンて「丈が短めのカジュアルなジャケット」というイメージです。
ジージャン(デニムジャケット)、スタジャン、MA-1、M65、バラクータG9とかじゃないですかね。
念の為、ブルゾンをググって見ると以下のような説明がありました。
ブルゾン(blouson)は、腰や裾を紐やベルトで絞ることで、背中にふくらみを持たせた上着のことを言う。
英語ではジャンパー(Jumper)と呼ばれるが、「ジャンパー」はイギリスではセーターを指す。

ダウンジャケットは違う気がしますよね。

他のオンラインショップも調べてみる

他のオンラインショップはダウンジャケットをどうカテゴライズしているのか気になったので、いくつか調べてみました。

UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)公式通販サイト

UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)公式通販サイトを見てみましょう。
UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)公式通販サイトのカテゴリー
ユナイテッドアローズ通販サイトでは、サイドメニューに「アウター/ジャケット」という大カテゴリーがあり、「アウター/ジャケット」をマウスオーバーすると「ダウンジャケット/キルティングジャケット」というカテゴリーがありあました。
「アウター/ジャケット」て分かりやすいですよね。
大カテゴリーが「トップス」「アウター/ジャケット」「パンツ」。。。とあるので、「ジャケット/アウター」にダウンジャケットがあるだろうということは容易に想像できます。

ZOZOTOWN

先日ヤフーに買収され、今後に期待のZOZOTOWN。
ZOZOTOWNのカテゴリー

サイドメニューの「ジャケット/アウター」という大カテゴリー内に「ダウンジャケット/コート」というカテゴリーがありました。
ユナイテッドアローズと単語の順序は違うものの「ジャケット/アウター」でやっぱり分かりやすいです。

ユニクロ公式通販サイト

ユニクロ公式通販サイトです。
ユニクロ公式通販サイトのカテゴリー
グローバルメニューの「MEN」をクリックすると、大きなプルダウンメニューが表示されます。
「ダウン」とすぐ目につきます。

個人的にはユニクロのメニューが好きですね。
もちろん、取扱いアイテムや推しているアイテム、売りたいアイテムによってカテゴリー分けをしなければいけない為、全てのショップがユニクロのようにできる訳ではありません。
ユニクロはダウンだけでCMを打つような会社ですから、ダウンをこれくらい目立たせる必要がありますし。

SSENSE

国内のサイトばかりだったので、海外サイトを1つチェック。
SSENSEです。
SSENSEのカテゴリー
SSENSEは大カテゴリー「ウェア」内に「ジャケット&コート」があり、さらに「ジャケット&コート」の中に「ダウン」がありました。
上に挙げた国内サイトよりもアクションは多いものの、すぐにダウンジャケットの一覧にたどり着くことができました。

ECサイトにとってカテゴリーは重要

以上のように、カテゴリーは顧客が欲しいアイテムに辿り着きやすく設計する必要があります。
申し訳ないですが、ダウンに限って言えばBEAMSオンラインのカテゴリーは不親切に感じます。

顧客はキーワードで検索するよりも、まずはカテゴリーで商品を探そうとします。
であれば、顧客目線でカテゴリーは設計します。
その次に、自サイトの都合(取扱いアイテムや推しているアイテム、売りたいアイテムなど)を加味しながら調整します。

あと、ユニクロ以外のサイトに言えることですが、こんなに寒い日が続いているんですから、もっとダウンを目立つように上位に表示すべきと思います。
カテゴリーを決定した後に、カテゴリーを調整するのは運用・システム的に厳しいでしょうし、1シーズン内でカテゴリーを追加・変更するとユーザが迷う原因になります。
ただ、シーズン内でも気温など細かい条件で売れるアイテムは変わって来ます。
その場合は、表示順序を変えるなどで、ユーザがいち早くアイテムを探せる工夫を常日頃から行うべきです。

ECサイトにとってカテゴリーは重要であり大変奥が深いものです。
日々ユーザ視点で、ユーザにとって使いやすいカテゴリーを検討することが売上アップに繋がります。

タイトルとURLをコピーしました