ECサイト構築と3C分析

この記事は約2分で読めます。

ECサイトは一事業として運営される

ECサイトは以前は一部門の事業として運営されることもありましたが、現在では一事業として取り組むべき重要な位置づけとなりました。
事業である以上、戦略に基づきECサイトを計画・構築・運営する必要があります。
その戦略を策定する為によく用いられるのが3C分析です。

3C分析とは

3C分析とは、顧客(Customer)、競合(Competitor)、自社(Company)の3つの視点で分析を行い、企業が採るべき戦略を策定するフレームワークのことです。

顧客

まず、ECサイトがターゲットとする顧客像を明確にすることが大切です。
ターゲットが明確になれば、ECサイトのデザインや機能も明確になります。
例えば、女性がターゲットであれば、圧倒的にスマートフォンでの利用が多くなる為、PCサイトよりもスマートフォンサイトに力を入れるべきですし、写真を多く掲載すべきです。
中高年向けサイトであれば、文字を大きくしたり、行間を開けるなど文字を読み易くする必要があります。
また、10代がメインターゲットであれば、賑やかなデザインが好ましいですし、場合によってはクレジットカード決済は導入しなくてもいいでしょう。
このように、ターゲット顧客を明確にすることで、ターゲットユーザが使い易いサイトを構築することが可能です。
結果的に売れるECサイトを作ることができます。
ちなみに、より高度な顧客分析にペルソナ分析があります。

競合

競合サイトを分析することで、どのようなデザインや機能がユーザにウケているのか、売り上げをあげているのかを理解することが可能です。
既に競合サイトで実績があるデザインや機能を自社ECサイトに取り込まない理由はありません。
また、競合サイトを知ることで差別化を図ることもできます。

自社

商品の特性・品質・価格・点数など取扱商品の強みを理解することはもちろん、ECサイト運営においての強みを分析します。
顧客サポート、梱包品質、配送料、配送タイミング、支払い方法、定期購入、返品可能、キャンセル料無料、サンプル品、実店舗連動、サイト改善スピードなど、ECサイトには自社の強みとできることはいくらでもあります。
また、自社の強みを多く持つことが競合サイトとの差別化に繋がります。
その結果、より多くのお客様に自社ECサイトを利用して頂くことができます。

以上のように、ECサイト構築時に3C分析を活用し、EC戦略を策定することで売れるECサイトを構築することが可能です。
また、サイト運営にも活かすことで売り上げアップを実現することもできます。

投稿者プロフィール

HORIKAWACEO
関西大学卒業後、大手ゼネコンにて人事総務業務に携わる。
幼少よりモノ作りが好きだったこともあり、自らの手でモノを作りたいという思いを強く抱くようになり、未経験でシステムベンダーへ転職。

IBMオフコンAS400で金融サービス、物流、販売管理、経理、人事総務などのシステムを開発。
台北に駐在し遠東國際商業銀行の個人向け貸付システム構築プロジェクトに参画するなど貴重な経験を積む。
10年の間に、プログラマ、SE、プロジェクトリーダー、プロジェクトマネージャーを務め、「完成度の高いシステムは、要件定義の質に比例する」と学ぶ。

その後、クレジットカード決済代行会社にヘッドハンティングされ、決済システムの刷新・
国内外の銀行システムとの接続・クライアントのECサイト構築を行う。
また、社内の組織改革を任され、20名から60名へ会社規模を拡大。(退任時役職:常務取締役)

2008年クリエイティブチーム・サンクユーを立ち上げ、2010年に株式会社サンクユーを設立。

クライアントの業界、取扱商材、ターゲット顧客を理解することで、結果が出るWEBサイトを提案・制作。
ECサイト構築・運営への造詣も深く、NTTレゾナント株式会社が運営するgoo Search Solutionでコラムを執筆。
ECマーケティングレポート | goo Search Solution – ECサイト内検索・商品検索サービス
タイトルとURLをコピーしました