O2Oとは?ECサイトでO2Oを活用する方法をお教えします

O2Oとは?ECサイトでO2Oを活用する方法をお教えします ECサイト構築・運営
この記事は約5分で読めます。

O2Oとは?

O2OはOnline to Offlineの略です。
オンラインからからオフラインへという意味で、インターネットで広告活動を行い、ネットから実店舗へお客様を誘導するマーケティング手法です。

インターネットの普及やスマホの普及によって、消費者の生活に占めるネットメディアの役割が大きくなったこと。
SNSは拡散されることで大きな集客力を生み出し、その集客力を実店舗に活かすことができること。
などの理由でO2Oマーケティングは生まれました。

また、ECサイトが普及したことで、実店舗では商品を手にとって確認するだけで、購入はECサイトでするというショールーミング現象が起こり、ショールーミング対策としてもO2Oは注目を浴びています。

O2Oとオムニチャネルはどこが違う?

O2Oとオムニチャネルはよく混同されがちです。

O2Oもオムニチャネルもネットと実店舗を融合して考える販売手法という点では変わりはありません。
しかし、O2Oは実店舗にお客様を誘導する為にネットを活用するマーケティング手法である一方、オムニチャネルはネットと店舗のいずれでも購入して貰える利便性を顧客に提供する販売手法のことです。

O2Oもオムニチャネルもネットは、似て非なるものであることは明白です。

O2Oのメリット

O2Oを活用するとどのようなメリットがあるのでしょうか。
O2Oのメリットを理解すれば、O2Oを活用したくなるかもしれません。

新規顧客の獲得がしやすい

O2Oのメリットは、新規顧客の獲得でしょう。
実店舗では物理的制約がありますが、ネット・SNSの拡散力があれば広範囲に集客を行うことができます。

即効性のある集客が行える

アプリやSNSを使って即効性のある集客が行えます。
アプリやSNSを通じて告知をすると、その告知はユーザーにすぐに届きます。
即効性のある集客が行えることもO2Oの魅力です。

顧客をセグメントでき効果的な集客が行える

アプリやSNS、ネット広告はユーザーをセグメントして集客を行うことができます。
顧客の特性に合った集客を行うことで、効果が出易いです。

優良顧客化や顧客の囲い込みがし易い

ユーザー特性にあった集客ができる為、優良顧客化や顧客の囲い込みがし易いです。
優良顧客化や顧客の囲い込みは結果的に売上増加に繋がります。

効果測定がしやすい

ネットの広告施策は確実に数字としてデータが残ります。
その為、効果測定がしやすいく、より効果的な施策を実施することが可能になります。

O2Oマーケティングに最適なメディアと施策方法

具体的なO2Oマーケティングに最適なメディアと施策内容をご説明します。
御社で1つでもできることがあれば、ぜひ始めてみてください。

O2Oに最適なメディア

O2Oに最適なメディアをご紹介します。
その他にもメディアはあるかと存じます。御社に最適なメディアを探してみてください。

ECサイト

店舗で物販を行なっているのであれば、ECサイトは必須です。
近年、様々なECサイト構築ツールがあります。
低予算でECサイトを構築することも可能ですので、まずは予算に合わせてECサイトを持つのも良いかもしれません。

弊社ではEC-CUBEでECサイトを構築しております。
御社の予算に合わせてご提案することも可能ですので、お気軽にご相談くださいませ。

【徹底解説】EC-CUBEとは?特徴・機能・メリットとデメリット
EC-CUBEとは?EC-CUBEの特徴・機能・メリット・デメリットなど初心者でも分かりやすくご説明します。EC-CUBEとは?今、注目されているEC-CUBE。本コラムでは初心者の方にも分かりやすく説明したいと思います。EC-CU...

SNS

SNSもO2Oには必須です。
SNSはTwitter、Instagram、Facebook、LINEなど様々なサービスがあり、御社ターゲット顧客に最適なSNSを選択することが大切です。
また、SNSの運用は難易度が高い為、軌道に乗るまで根気よく続ける必要があります。
SNSの運用を代行してくれる会社もありますので、サポートを依頼することも検討してみてはいかがでしょうか。

【徹底解説】SNS集客とは?Twitter、Instagram、Facebookでの集客の仕組みと運用方法
SNS集客とは今までインターネットで情報を探すと言えばGoogle、Yahoo!などの検索エンジンが主流でしたが、最近は検索にSNSを利用するユーザーが若年層を主体に増えました。そのようなユーザーには既存の集客方法ではアプローチできない...

アプリ

自社でアプリを持つことも有効です。
以前はアプリ開発には大きな費用が発生していましたが、今ではWEBサイトをアプリ化するツールもあります。
自社サイトをアプリ化することで費用を抑えられます。

O2O施策

次にO2O施策です。

クーポン

O2O施策で一番有名なのはクーポンでしょう。
お客様に来店したいと思って頂けるようなクーポンを配布すれば、来店を促進できます。
来店時にクーポンを見せれば割引されるとか、粗品をプレゼントするとか。

ネットで来店予約で割引

ネットで来店予約をすれば割引という施策を行なっている店舗もあります。
確実に来店して貰えるのでかなり有効な施策だと思いますが、予約をしてまで来店したいと思わせないといけないのでハードルは高くなります。

店舗受け取りサービス

ECサイトで注文を行なって、店舗で商品を受け渡しすることもO2O施策です。
勤務先が店舗の近くだったり、店舗の近くに行く予定があったりすると、売れ筋商品をまずはECサイトで購入し商品は店舗で受け取るという人も少なくありません。

店舗でQRコードを配布

QRコードを利用すると簡単にSNSをフォローしやすいです。
その為、店舗でショップカードにQRを表記したり、郵送DMでQRコードを配布し、SNSに登録して貰います。
SNSをフォローして貰えれば、上述のような施策で店舗に再度来店頂くことを促すことができます。

私が利用しているO2O

私が利用しているO2Oをご紹介します。
O2Oとは知らずに利用している方もきっと多いはずです。

Shell Pass

Shell Passで割引クーポン
Shell Passは出光シェルSS(サービスステーション)公式アプリです。
アプリに最寄りのガソリンスタンドを登録しておけば、クーポンが届きお得に給油することができます。

また、サービスステーションにチェックインする度にプレゼント抽選もあります。
Shell Passでチェックイン抽選プレゼント
出光のガソリンスタンドを積極的に利用しようと思いますよね。

楽天ビック来店予約

楽天ビック来店予約
楽天市場でビックカメラの来店予約をすると、楽天ポイントが最大19倍付与されます。
予約操作も簡単にできるようになっています。
ビックカメラに行く際は必ず楽天で予約をするようにしています。

タイトルとURLをコピーしました