バナーやテキストリンクのクリック数をGoogleアナリティクスで確認する方法

バナーやリンクのクリック数をGoogleアナリティクスで確認する方法 WEB制作・集客
この記事は約4分で読めます。

Googleアナリティクスだと、バナーやリンクのクリック数を確認できる

多くのサイトはアクセス解析にGoogleアナリティクスを利用していると思います。
Googleアナリティクス – Google Analytics

弊社ももちろん利用していますし、弊社クライアントもほぼGoogleアナリティクスを導入しています。
高機能過ぎて全ての機能を使いこなせていませんが、間違いなく無料で利用できるアクセス解析ツールの中でGoogleアナリティクスが一番優れているでしょう。

Googleアナリティクスはアクセス解析だけでなく、サイト上でのアクションも計測することが可能です。
バナーがクリックされた回数やテキストリンクがクリックされた回数を確認することができます。
バナーのクリック数を計測することで、導線として効果があるのか、どの配置のバナーが効果があるのか、どのデザインのバナーが効果があるかなどを知ることができます。

バナークリック数を計測する為の記述

バナークリック数を計測する為の記述ですが、aタグにonclick属性を設定するだけです。
とても簡単です。

ただ、analytics.jsとgtag.jsでは記述方法が異なります。
analytics.jsを利用しているのに、gtag.js用の記述をすると計測ができません。
この点だけ気をつける必要があります。

gtag.jsの記述方法

おそらく多くのサイトがgtag.jsを利用していると思います。
弊社サイトでもgtag.jsを利用しています。

gtag.jsの記述方法は以下です。

<a href="xxxxxx" onclick="gtag('event', 'アクション', {'event_category': 'カテゴリ', 'event_label': 'ラベル', 'value': '0'});">ああああああ</a>

適宜、「アクション」「カテゴリ」「ラベル」を変更してください。
それぞれの意味は以下となります。

アクション アクション(インタラクション)の判別をする為の値を設定します。
クリックを計測するのでここはclickが妥当だと思います。
カテゴリ イベントのカテゴリーを判別するための値を設定します。
ページ名(トップ、商品一覧、商品詳細など)やエリア(ヘッダ、サイドメニュー、コンテンツ、フッタ)など、まずは管理しやすいカテゴリー構成を検討して決定してください。
ラベル イベントを分類するためのラベルを設定します。
キャンペーンバナーとか会員登録バナーなど。

「アクション」「カテゴリ」「ラベル」は日本語の方が確認しやすい

ちなみに、「アクション」「カテゴリ」「ラベル」は日本語でも問題ありません。
「アクション」「カテゴリ」「ラベル」Googleアナリティクスで表示される情報ですので、日本語にしておく方が一目でどのカテゴリーのどのバナーかをすぐに理解することができます。

ちなみにこんな感じです。

「アクション」

Googleアナリティクス>行動>イベント>概要>「アクション」

「カテゴリ」

Googleアナリティクス>行動>イベント>概要>「カテゴリ」

「ラベル」

Googleアナリティクス>行動>イベント>概要>「ラベル」

ただ、日本語だとGoogleアナリティクスで確認しやすいですが、サイト表示時に文字化けをする恐れがあり正確に計測できない可能性がありますのでご注意ください。

analytics.jsの記述方法

次にanalytics.jsの記述方法です。

<a href="xxxxxx" onclick="ga('send', 'event', 'カテゴリ','イベント', 'ラベル',1 );">ああああああ</a>

適宜、「アクション」「カテゴリ」「ラベル」を変更してください。
それぞれの意味はgtag.jsの場合と同様です。

Googleアナリティクスでのバナーのクリック数の確認方法

バナーのクリック数はGoogleアナリティクス>行動>イベント>概要で確認することができます。
Googleアナリティクス>行動>イベント>概要

概要をクリックすると、「イベント カテゴリ」「イベント アクション」「イベント ラベル」のメニューが表示されますので、見たい情報をクリックするとクリック数が表示されます。
Googleアナリティクスでクリック数を確認

以上のように、Googleアナリティクスでのバナーのクリック数を計測することは簡単です。
上述の通り、aタグに対してonclick属性を設定するので、テキストリンクのクリック数も計測することができます。

どのようなバナーがクリックされているのか、どのようなリンクがクリックされているのかを知ることによって、クリック率を高めるコンテンツ作成ができます。
マーケティングはなんとなく感覚で判断するのと、数値で判断するのとではまったく異なります。
しっかり数値化して科学的に判断することで、早くかつ効率的に結果を出すことができます。

タイトルとURLをコピーしました