EC-CUBE4のプラグインは有料であっても不具合があることがある

EC-CUBE4のプラグインは有料であっても不具合があることがある EC-CUBE
この記事は約3分で読めます。

EC-CUBE4のプラグインは有料のものと無料のものがある

EC-CUBE4はプラグインを利用することで簡単に機能を拡張することができます。
プラグインには有料と無料があります。
無料だから悪い、有料だから良いというものではなく、プラグインの開発元が価格を決定しているだけですので、無料プラグインにも素晴らしいものは多いです。

プラグインは事前にチェックされ公開されている

プラグインはEC-CUBEオーナーズストアで公開されていたり、プラグイン開発会社が自社サイトで公開していたりします。
EC-CUBEオーナーズストア

オーナーズストアでは誰もが公開することは可能ですが、公開の前に株式会社イーシーキューブが厳正に検証チェックを行なっています。
検証の詳細は公開されていないようですが、動作チェック・脆弱性チェックは行なっているはずです。
その為、オーナーズストアで公開されているプラグインは基本的にバグがなくセキュリティ的にも問題がないと思って大丈夫です。

ちなみに、プラグイン開発会社が自社サイトで公開しているプラグインは、イーシーキューブ社の検証が行われていないものですので利用する際には十分に留意ください。

有料プラグインでバグがあった

先日、オーナーズストアで販売されている有料プラグインをEC-CUBE4にインストールしました。
そのプラグインは受注の対応状況(注文ステータス)が変更されるタイミングで動作するものでした。
対応状況が変更される画面は、管理画面>受注一覧画面と管理画面>受注編集画面の2つあります。
しかし、そのプラグインは管理画面>受注編集画面で対応状況が変更された際は動作するのですが、管理画面>受注一覧画面を考慮しておらず、管理画面>受注一覧画面で対応状況が変更されても動作しませんでした。

有料であってもプラグインは完璧ではない

システムもプラグインも人が開発し人が検証している以上、不具合(バグ)が存在する可能性はあります。
そのことを理解しプラグインを利用すべきです。

プラグインを利用する際は入念なテストを行ってください。
また、バグがあった際はプラグイン開発元に至急対応して貰うよう連絡してください。
まともな会社でしたらすぐに対応して貰えます。
もし、開発元のバグ対応が遅いようであれば、他の開発会社に有料で修正して貰う必要があります。
その場合、プラグインの購入費用と修正費用が二重で掛かってしまいます。

EC-CUBEプラグインの不具合対応

弊社ではEC-CUBE自体の不具合に限らず、EC-CUBEプラグインの不具合の対応もしております。
不具合の原因調査をした上で、不具合の対応策を入念に検討致します。
対応策が決定致しましたら、EC-CUBEに対して対応策を施します。
不具合はECサイトの信頼を失う恐れもありますので、これらの作業を迅速に行います。

【かんたん解説】EC-CUBEの不具合対応。不具合の調査・対策・対応手順など。
他の制作会社が構築したEC-CUBEの不具合に対するご相談他の制作会社が構築したEC-CUBEの不具合に対するご相談を頂くことが少なくありません。構築した会社に相談すればよいと思うのですが、相談されるEC事業者様は多くの場合以下の理由を...
タイトルとURLをコピーしました