EC-CUBEと弥生会計・弥生販売をデータ連携する

EC-CUBEと弥生会計・弥生販売とデータを連携させる EC-CUBE
この記事は約2分で読めます。

弥生会計・弥生販売とは

弥生会計・弥生販売とは弥生株式会社が開発・販売を行っているパッケージソフトです。
弥生会計は30年以上の歴史を持つ有名な会計ソフトです。
弥生会計だけでなく、今では確定申告、給与計算、販売管理、顧客管理などのソフトを展開しています。

弥生会計・弥生販売を利用している中小企業は多い

弥生会計は30年以上の歴史があり、多くの中小企業が弥生会計・弥生販売を利用しています。

弥生会計・販売を導入している企業にはEC-CUBEでECサイトを運営している企業もあります。
その為、EC-CUBEと弥生会計・販売とをデータ連携したいというご相談を頂きます。

CSVファイルによるデータ連携が最も簡単な方法

EC-CUBEと弥生会計・弥生販売ともに、CSVファイルのエクスポート(出力)とインポート(入力)機能があります。
EC-CUBEと弥生会計・弥生販売とをデータ連携する最も簡単な方法は、CSVファイルを利用することです。

しかし、弥生には多くの項目があり、EC-CUBEが保持する情報では不足しています。
その為、EC-CUBEに弥生の項目を追加する必要があります。
弥生と項目を揃えることでデータ連携は可能となります。

EC-CUCBEと弥生の連携に関する懸念点

いくつか懸念点があります。

処理を自動化することができない

弥生会計・販売からCSVを入出力をする作業は手動でしか行えません。
弥生に自動処理がない為、データ連携を自動化することができません。

マスターデータの管理方法

事業がECサイトのみであれば、EC-CUBEの情報をマスターデータとすることで解決します。
しかし、ECサイトだけでなく店舗展開している場合、マスターデータの管理をどうするか?という問題が発生します。
問題になるのは主に会員情報ですが、会員情報を双方向で同期させるのは改修工数がそれなりに発生します。
EC-CUBEの改修コストが掛かりのでご注意ください。

投稿者プロフィール

HORIKAWACEO
関西大学卒業後、大手ゼネコンにて人事総務業務に携わる。
幼少よりモノ作りが好きだったこともあり、自らの手でモノを作りたいという思いを強く抱くようになり、未経験でシステムベンダーへ転職。

IBMオフコンAS400で金融サービス、物流、販売管理、経理、人事総務などのシステムを開発。
台北に駐在し遠東國際商業銀行の個人向け貸付システム構築プロジェクトに参画するなど貴重な経験を積む。
10年の間に、プログラマ、SE、プロジェクトリーダー、プロジェクトマネージャーを務め、「完成度の高いシステムは、要件定義の質に比例する」と学ぶ。

その後、クレジットカード決済代行会社にヘッドハンティングされ、決済システムの刷新・
国内外の銀行システムとの接続・クライアントのECサイト構築を行う。
また、社内の組織改革を任され、20名から60名へ会社規模を拡大。(退任時役職:常務取締役)

2008年クリエイティブチーム・サンクユーを立ち上げ、2010年に株式会社サンクユーを設立。

クライアントの業界、取扱商材、ターゲット顧客を理解することで、結果が出るWEBサイトを提案・制作。
ECサイト構築・運営への造詣も深く、NTTレゾナント株式会社が運営するgoo Search Solutionでコラムを執筆。
ECマーケティングレポート | goo Search Solution – ECサイト内検索・商品検索サービス
タイトルとURLをコピーしました