Google インスタントプレビューがGoogle AdWordsに対応〜インスタントプレビューを意識したランディングページ作りが課題に?

WEB制作・集客
この記事は約2分で読めます。

GoogleのAdWords広告にもインスタントプレビュー機能が実装されました。
機能としては、Google検索結果ページのインスタントプレビューとまったく同じ。

■AdWords広告に実装されたインスタントプレビュー機能
Google インスタントプレビューがGoogle AdWordsに対応

リスティング広告の先のページをプレビューできることは、ユーザにとって意外に便利ではないのかなと思います。
リスティング広告枠は検索結果ページの上部と右部に表示されていて、検索結果よりも有利な位置なはずですが、検索結果ページよりもクリック率は劣ってしまいます。
広告とはユーザにとって、それだけ敷居が高いものということなんですね。(不安であったり、懐疑的な感情があるのでしょう)


しかし、広告先のページをプレビューできることによって、ユーザの不安を掻き消すこととなりクリック率を意外に上げるのではないかと予想します。
(暫く時間を掛けてみないと、実際の効果は分かりませんが。)

また、今まで広告タイトル、広告文の工夫をしてクリック率を上げていた企業も、今後はプレビューされるページのデザインも入念に検討する必要があります。
いくら、魅力的な広告タイトル、広告文でもプレビューされるページが魅力的でなければ、以前よりもクリック率は下がる可能性があります。
しかも、このインスタントプレビュー、あまりに縦長のページだとページが省略されてプレビューされてしまいます。

■縦長ページの場合、省略されてプレビュー
インスタントプレビューを意識したランディングページ作りが課題に?

これでは、折角の魅力的なコンテンツでは台無しですね。
既存のランディングページの見直しはもちろん、今後はインスタントプレビューを意識したランディングページ作りが課題になるのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました