EC-CUBEと大塚商会SMILEを連携する

EC-CUBEと大塚商会SMILEを連携する EC-CUBE
この記事は約4分で読めます。

大塚商会SMILEとは

SMILEとは大塚商会のERPパッケージです。
基幹系システムと情報系システムも融合することで、業務の効率化と情報の活用推進が可能なシステムとなっています。

SMILE基幹系システムには以下のような機能があります。

  • 販売管理
  • 会計
  • 人事給与
  • CRM
  • CTI
  • アプリケーション開発ツール
  • 生産管理
  • 見積もり
  • 原価管理
  • プロジェクト収支管理

また、SMILE情報系システムには以下のような機能があります。

  • ワークフロー(電子申請・承認)
  • ドキュメント管理
  • スケジュール管理
  • コミュニケーション(社内メッセージ・掲示板)

EC-CUBEとSMILEを連携する

数多くの中小企業がSMILEを導入しています。
弊社のお客様でもSMILEとEC-CUBEを利用されている企業が多い為、EC-CUBEとSIMILEの連携を依頼されることが多いです。

SMILEにはCSVインポート、CSVエクスポート機能が備わっているので、連携はCSVデータで行うことになります。

SMILEのカスタマイズも可能ですが、SIMLEをカスタマイズするよりもEC-CUBEをカスタマイズする方が費用的に安い為、多くの場合EC-CUBEをカスタマイズすることになります。
SMILEとEC-CUBEの両方をカスタマイズする場合は、SMILEのカスタマイズ工数を少なくするような方向性に持っていきます。
そうすれば、トータルの予算を抑えることが可能です。

EC-CUBEとSMILEの連携事例:受注データの連携

EC-CUBEとSMILEの連携事例を1つご紹介します。
EC-CUBEの受注データをSMILEへ連携した例です。

受注データにSMILE連携フラグを追加

こちらのお客様ではSMILE連携する受注データを手動で管理する必要がありました。
そこで、EC-CUBE管理画面>受注管理>受注詳細画面に「SMILE連携フラグ」を追加しました。
「SMILE連携フラグ」にチェックを入れ『この内容で登録する』をクリックすると、その受注データはSMILE連携対象となります。
受注データにSMILE連携フラグを追加

なお、このお客様は事情があって手動管理していますが、自動でSMILE連携することももちろん可能です。

SMILE連携用CSVを出力する

EC-CUBE管理画面>受注管理の検索条件設定の「SMILE連携」にチェックを入れ、検索すると対象の一覧が表示されます。
「SMILE連携CSVダウンロード」ボタンをクリックすると、対象CSVがダウンロードできます。
対象がない場合、「SMILE連携CSVダウンロード」ボタンは表示されない仕様になっています。
CSVフォーマットはSMILEの仕様に則って作成しています。
仕様を決定する際は、大塚商会ご担当者さんと直接やりとりしますので、お客様に負担を描けることはありません。
SMILE連携用CSVを出力する

二重取込防止機能

SMILE連携CSVを出力した注文データは、受注詳細画面で取込状況が表示されます。
SMILE連携状況が済になり、SMILE連携CSVダウンロード日時にはダウンロードした日時が表示されます。
二重取込防止機能

ダウンロードしたCSVをSMILEに取り込む

EC-CUBEからダウンロードしたCSVをSMILEに取り込みます。
こちらも手動での取り込みになります。

今回ご紹介した事例が手動運用のパターンでしたが、すべてを自動化することも可能です。
業務運用や予算次第ですべてを手動、一部を自動、すべてを自動など対応することができます。

EC-CUBEをカスタマイズすることで様々なシステムと連携することが可能

EC-CUBEをカスタマイズすれば、外部システム連携は可能です。
弊社では下記以外にも外部システムとの連携実績がございます。
お気軽にご相談ください。

EC-CUBEと富士通のERP「GLOVIA」を連携する
富士通のERP「GLOVIA」とはGLOVIAは富士通の統合業務ソリューション(基幹システム)です。国産ERPパッケージとして40年以上販売されています。FUJITSU Enterprise Application GLOVIA :...
EC-CUBEとデジタル・ナレッジの「LMS」を連携する
デジタル・ナレッジの「LMS」とはLMSは株式会社デジタル・ナレッジの学習管理システムです。企業研修・教育ビジネス・学校・組織内情報共有に2000以上の導入実績をもつ自社開発eラーニングシステムです。学習管理システムに必要な「教材作成...
EC-CUBE×インスタグラム連携。Instagram API活用方法を徹底解説。
インスタグラムはマーケティングに欠かせないツールInstagaram登場時はおしゃれな写真共有アプリでセンスがいい人が利用しているというイメージでしたが、FacebookがInstagramを買収してからマネタイズできるよう方向転換。現...
EC-CUBEでヤマト運輸Web出荷コントロールサービス(産直)用のCSVを出力
先日、EC-CUBEに、ヤマト運輸Web出荷コントロールサービス(産直)用CSV出力機能を実装しましたので、本コラムでご紹介したいと思います。産直出荷支援サービス「Web出荷コントロールサービス(産直)」産地直送ECの場合、注文を受けた...

投稿者プロフィール

Nakamura
サンクユーのEC-CUBE先生。
EC-CUBEのカスタマイズをし出して早15年。
難易度の高いカスタマイズもお任せ。
2系、3系、4系すべて対応可能。

実はjavaでの業務システム開発がエンジニア人生のスタート。
PHP、Perl、フロントエンド開発、Movable Type、Wordpressも得意という万能エンジニア。
タイトルとURLをコピーしました