EC-CUBEにAmazon Payを導入すれば会員登録や注文が増える

EC-CUBEにAmazon Payを導入すれば会員登録や注文が増える EC-CUBE
この記事は約2分で読めます。

Amazon Pay

最近、Amazon Payの導入を検討されているサイト様が増えました。
Amazonも積極的な営業をしているようですね。

Amazon Payを導入すれば、会員登録数や注文数が増えると言われています。
その為、みなさん導入を積極的に検討されているのでしょう。

弊社でもAmazon Payの導入実績がございますので、簡単ですがご説明致します。

Amazon Pay導入のメリット、デメリット

メリット

Amazon Payを導入すれば、お客様が御社ECサイトの会員でなくてもAmazonのアカウントさえ持っていれば、会員登録や個人情報の入力なしで購入できるメリットがあります。
また、会員登録をする場合もAmazonから個人情報を取得できる為、会員登録時の情報入力の手間が省けます。

デメリット

デメリットという訳ではありませんが、あえて挙げるなら開発工数が若干発生することです。
AmazonからAPIが提供されていますので、連携に関してはスムーズに開発することができます。
ただ、以下のような問題があるので、EC-CUBE側で対応したり運用でカバーする必要があります。

  • フリガナなど、Amazonn側に存在しない項目がある。
    その場合、未入力の状態で会員登録し、追ってマイページで修正して貰う必要がある。
    また、会員登録しない場合、フリガナがない状態で受注データが作成されてしまいます。
  • 都道府県が「tokyo」などの場合がある。
    その場合、都道府県がない状態で注文情報が作成される。
    また、都道府県がないので送料もゼロで注文情報が作成されます。
  • Amazon Payを選択した場合、複数配送設定ができない。
  • Amazon仕様により、元の金額以上の金額への変更はできない。

EC-CUBE、ECオレンジへの導入イメージ

EC-CUBEやECオレンジにAmazon Payを導入した場合のイメージです。

カートページに「Amazonアカウントでお支払い」ボタンが表示されます

amazonpay01-compressor

カートページで「Amazonアカウントでお支払い」ボタンをクリックするとログイン画面が表示されます。

amazonpay02-compressor

ログインアカウントが正しいかの確認画面が表示されます

amazonpay03-compressor

そのまま進むと、Amazonのユーザ情報、クレジットカード情報をEC-CUBEに引き継ぎ、商品を購入るすことが可能です。

amazonpay04-compressor

投稿者プロフィール

HORIKAWACEO
関西大学卒業後、大手ゼネコンにて人事総務業務に携わる。
幼少よりモノ作りが好きだったこともあり、自らの手でモノを作りたいという思いを強く抱くようになり、未経験でシステムベンダーへ転職。

IBMオフコンAS400で金融サービス、物流、販売管理、経理、人事総務などのシステムを開発。
台北に駐在し遠東國際商業銀行の個人向け貸付システム構築プロジェクトに参画するなど貴重な経験を積む。
10年の間に、プログラマ、SE、プロジェクトリーダー、プロジェクトマネージャーを務め、「完成度の高いシステムは、要件定義の質に比例する」と学ぶ。

その後、クレジットカード決済代行会社にヘッドハンティングされ、決済システムの刷新・
国内外の銀行システムとの接続・クライアントのECサイト構築を行う。
また、社内の組織改革を任され、20名から60名へ会社規模を拡大。(退任時役職:常務取締役)

2008年クリエイティブチーム・サンクユーを立ち上げ、2010年に株式会社サンクユーを設立。

クライアントの業界、取扱商材、ターゲット顧客を理解することで、結果が出るWEBサイトを提案・制作。
ECサイト構築・運営への造詣も深く、NTTレゾナント株式会社が運営するgoo Search Solutionでコラムを執筆。
ECマーケティングレポート | goo Search Solution – ECサイト内検索・商品検索サービス
タイトルとURLをコピーしました