EC-CUBE配送設定カスタマイズ。梱包サイズ、重量、商品単位、注文数量によって配送料を設定する。

EC-CUBEで商品ごと数量ごとに配送料を設定する EC-CUBE
この記事は約5分で読めます。

EC-CUBEの配送設定の標準仕様

EC-CUBE標準の配送設定の仕様は、1注文あたりの配送料を設定する仕様です。
注文個数に関係なく、配送先の都道府県によって配送料金が決定されます。

それに加え、注文金額によって送料を無料にすることが可能です。

至極シンプルな仕様となっています。
シンプルだからこそ使い勝手がよいですが、実際の配送業者が提示している配送料は複雑な料金体系です。
様々な商品を扱っているECサイトの場合、EC-CUBE標準の配送料設定では運用できないことも多々あります。

今回はEC-CUBEの配送設定カスタマイズ事例をご紹介します。

EC-CUBEはサイズ、重量によって配送料を設定することができない

EC-CUBEでは配送料金を計算する際に配送サイズや重量は考慮されません。
つまり、梱包サイズや重量ごとに送料を設定することができません

様々なサイズや重量の商品を取り扱っているECサイトの場合、EC-CUBE標準の配送設定では運用ができないということになります。

配送サイズ(3辺計と重量)と配送地域で配送料金を設定できるようにする

以前、額縁・フレームを取り扱うECサイトを構築しましたが、額縁やフレームはサイズも重さも様々です。
フォトフレームからポスターフレームまで、額縁も様々な大きさがあることはもちろん素材によって重量も様々になります。
その為、配送サイズ(3辺計と重量)と配送地域で配送料金を設定できるようにするカスタマイズは必須でした。

以下の送料計算が設定できるようにEC-CUBEをカスタマイズしました。

額(大)の場合

個数 サイズ 北東北 南東北 関東 信越 北陸 中部 関西 北海道 中国 四国 九州 沖縄
1 140 1,200 1,500 3,100
2 140 3,100
3 160 3,600
4 160 3,600
5 140+160 2,400 3,000 6,700
6 160+160 7,200
7 160+160 7,200
8 160+160 7,200
9 160+160+160 3,600 4,500 10,800
10 160+160+160 10.800

額(小)の場合

個数 サイズ 北東北 南東北 関東 信越 北陸 中部 関西 北海道 中国 四国 九州 沖縄
1 140 500 900 2,100
2 140 2,100
3 160 2,100
4 160 2,600
5 140+160 1,000 1,800 2,600
6 160+160 4,200
7 160+160 4,700
8 160+160 5,200
9 160+160+160 1,500 2,700 5,200
10 160+160+160 5,200

EC-CUBEは注文単位で配送料が加算される

EC-CUBEは、1注文内にどれだけ商品が含まれていても、配送都道府県ごとに設定された金額が配送料となります。

例えば、配送先が大阪の場合の配送料金を500円と設定しているケースだと、注文個数が1個であろうが10個であろうが500円の送料となります。。

商品が小さくて軽量であれば問題がないのかもしれませんが、商品が大きくて重いとEC-CUBE標準の配送料設定では運用上の問題が発生します。

商品ごと、数量ごとに配送料を加算できれば問題が解消される

上述の通り、ECサイトによってはEC-CUBE標準の配送料設定では不都合な場合があります。
商品ごと、数量ごとに配送量を加算するようにEC-CUBEをカスタマイズすれば問題は解決します。

商品ごとに配送料を加算する

商品ごととに配送料を加算するパターンです。

例えば、
・配送地:大阪(配送料500円)
・注文内容:商品A3個と商品B5個
の場合、EC-CUBE標準であれば、送料は500円です。

商品ごととに配送料を加算するようカスタマイズすると、商品Aに対して送料500円+商品Bに対して送料500円を加算しますので、計1,000円の送料が注文金額に加算されます。

この仕様では、商品数量に関係なく、商品ごと(商品別)に配送料が加算されることになります。

数量ごとに配送料を加算する

次に、数量ごとに配送料を加算するパターンです。

1個に対して送料設定する仕様と、個数の範囲に対して送料を設定する仕様があります。

1個に対して加算送料を設定する仕様

商品1個に対して配送料を加算します。

例えば、
・商品A1個につき配送料:200円
・商品B1個につき配送料:300円
・配送地:大阪(配送料500円)
・注文内容:商品A3個と商品B5個
の場合、商品Aは200円*3個=600円、商品Bは300円*5個=1,500円となり、加算送料の合計は2,100円です。

かつ、大阪への配送料(基本)が500円なので、2,100円+500円で合計2,600円の配送料が注文金額に加算されます。

個数の範囲に対して加算送料を設定する仕様

個数の範囲ごとに配送料を加算する仕様です。

例えば、
・1〜5個は500円、6〜10個は1,000円、11〜15個は1,500円
・配送地:大阪(配送料500円)
・注文内容:商品A3個と商品B5個
の場合、合計数量は8個なので、1,000円の配送料が適用されます。

かつ、大阪への配送料(基本)が500円なので、1,000円+500円で合計1,500円の配送料が注文金額に加算されます。

梱包サイズによって配送手段を設定することも可能

上記のカスタマイズに加え、梱包サイズによって配送方法(運送業者)を変えることも可能です。
送料が安くなることはユーザーにとって大きなメリットです。
梱包サイズごとに配送料が安い運送業者を使うことで、ユーザビリティが格段にアップします。

以上のように、EC-CUBEをカスタマイズすれば、様々な配送設定が可能です。
EC-CUBEの配送設定でお困りの場合は、サンクユーまでお気軽にご相談ください。

投稿者プロフィール

Nakamura
サンクユーのEC-CUBE先生。
EC-CUBEのカスタマイズをし出して早15年。
難易度の高いカスタマイズもお任せ。
2系、3系、4系すべて対応可能。

実はjavaでの業務システム開発がエンジニア人生のスタート。
PHP、Perl、フロントエンド開発、Movable Type、Wordpressも得意という万能エンジニア。
タイトルとURLをコピーしました