EC-CUBEの商品画像を外部サーバーに格納しアクセス負荷軽減

EC-CUBEの商品画像を外部サーバに格納し、商品ページに外部サーバの画像を表示させる EC-CUBE
この記事は約2分で読めます。

データ転送量増加によるサイトを閲覧できない503エラーが発生

先日、弊社クライアントのECサイトで503エラーが原因でサイトを閲覧できないトラブルが発生しました。
(503エラーとはECサイトにアセクセスが集中し、サイトが閲覧できなくなることです。)
調査した結果、アクセス急増に伴うデータ転送量の増加が直接的な原因でした。

商品ページの画像を外部に格納することでデータ転送量を抑える

データ転送量が原因の503エラーであることが分かったのですが、一番転送量が多いのが画像データでした。
その為、画像データをEC-CUBEが格納されているWEBサーバとは異なるサーバに格納することになりました。
(データ転送量増加の原因である画像データを他のサーバに移せば、EC-CUBEが格納されているサーバではデータ転送量増加は発生しなくなります。)

商品画像を外部サーバに格納する場合のEC-CUBEカスタマイズ

商品画像を外部サーバに格納する場合のEC-CUBEカスタマイズとしては、以下の2つが考えられます。

外部サーバへの画像アップロードは手動で行い、EC-CUBEに画像格納先URLを設定する

外部サーバへの画像のアップロードはFTPソフトなどで手動で行います。
EC-CUBEの管理画面>商品管理>商品登録画面で格納先URLを入力するようにします。
つまり、商品管理で商品画像はアップロードせず、参照先を入力することになります。

商品ページでは、入力されたURLを元に画像を表示させます。
これが最も簡単なカスタマイズです。

EC-CUBEから外部サーバへ画像をアップロードする

EC-CUBEの管理画面>商品管理>商品登録画面から外部サーバに画像をアップロードできるようにします。
見た目的には従来の商品登録画面と変わりはなく、画像のアップロード先が外部サーバになります。

商品ページでは、外部にアップロードした画像を表示させます。
これはカスタマイズ工数がかなり発生しますが、最もサイト運営が楽なカスタマイズです。
(商品を登録する担当者は今までとまったく同じ方法で作業するだけですので)

以上のように、EC-CUBEの商品画像を外部サーバで管理することが可能です。
データ転送量にお悩みのECサイト様は是非ご検討くださいませ。

投稿者プロフィール

HORIKAWACEO
関西大学卒業後、東証プライム上場企業ゼネコンにて人事総務業務に従事。
幼少よりモノ作りが好きだったこともあり、「モノを作る仕事がしたい」という思いからシステムベンダーへ転職。

システムベンダーでは、IBMオフコンAS400で金融、物流、販売管理、経理、人事総務などのシステムを開発。
台北に駐在し遠東國際商業銀行のシステム構築プロジェクトへの参画など貴重な経験を積む。
10年間で、プログラマ、SE、プロジェクトリーダー、プロジェクトマネージャーを務め、「システムの質は要件定義の質に比例する」と学ぶ。

その後、クレジット決済代行会社にヘッドハンティングされる。
決済システムの再構築、国内外の銀行システムとの接続、クライアントの会社サイト制作・ECサイト構築を行う。
一方、組織改革を任され、20名から60名へ会社規模を拡大させる。(退任時役職:常務取締役)

2008年クリエイティブチーム・サンクユーを立ち上げ、2010年に法人化し株式会社サンクユーを設立。

クライアントの業界、取扱商材、ターゲット顧客を理解・分析することで、結果が出るWEBサイトを制作することを得意とする。
また、ECサイト構築・運営への造詣も深く、NTTレゾナント株式会社が運営するgoo Search Solutionでコラムを執筆。
ECマーケティングレポート | goo Search Solution


■趣味・好きなもの
WRC / ロードバイク / MMA / ボクシング / サッカー
David Bowie / blur / MUSE / TheRollingStones / XTC
機動戦士ガンダム(ファースト) / 富野由悠季
ベルセルク / 頭文字D / 進撃の巨人 / ジョジョの奇妙な冒険 / あしたのジョー
Mission: Impossible / Memento / ワイルド・スピード / ソナチネ
LOST / Game of Thrones / FRINGE / The Mentalist

お気軽にご相談ください

お気軽にご相談ください

タイトルとURLをコピーしました