EC-CUBEの注文フローを短縮すれば注文率はアップする

EC-CUBEの注文フローを短縮すれば注文率はアップする EC-CUBE
この記事は約2分で読めます。

EC-CUBEの注文完了までのステップ数(ページ数)が多い。
何とかなりませんか?というご相談を頂きます。

EC-CUBEのカートページから注文完了までの標準フローは以下の通りです。
1)カートページ

2)お届け先の指定

3)お支払方法・お届け時間等の指定

4)ご入力内容のご確認

5)クレジットカード情報入力

6)注文完了画面

全6行程。
確かに、注文行為に関するページ遷移として多い方ですね。。。

遷移するページが多ければ多いほど、サイトからの離脱は増えます。
せっかく商品をカートにいれてくれているお客様をみすみす逃すことになります。

そこで、フローを短縮するカスタマイズを実施致しました。
1)カートページ

2)お届け先の指定/お支払方法・お届け時間等の指定/クレジットカード情報入力

3)ご入力内容のご確認

4)注文完了画面

EC-CUBBEをカスタマイズし、全4行程までカートを短縮しました。

上記カスタマイズ実施後、注文率は上昇し売上アップ致しました。

実際の画面は以下のようになります。
通常、クレジットカード決済は、クレジット決済代行会社のモジュールを利用するので、別画面となりこのような画面は無理です。
(入力確認画面の後にクレジットカード情報入力画面が表示されますが、サイト離脱の大きな要因になっています。)

弊社がカスタマイズすれば、お届け先、お届け時間、支払い(クレジットカード情報入力)すべての情報を1ページ内で入力することが可能です。
EC-CUBEの注文フローを短縮

投稿者プロフィール

HORIKAWACEO
関西大学卒業後、大手ゼネコンにて人事総務業務に携わる。
幼少よりモノ作りが好きだったこともあり、自らの手でモノを作りたいという思いを強く抱くようになり、未経験でシステムベンダーへ転職。

IBMオフコンAS400で金融サービス、物流、販売管理、経理、人事総務などのシステムを開発。
台北に駐在し遠東國際商業銀行の個人向け貸付システム構築プロジェクトに参画するなど貴重な経験を積む。
10年の間に、プログラマ、SE、プロジェクトリーダー、プロジェクトマネージャーを務め、「完成度の高いシステムは、要件定義の質に比例する」と学ぶ。

その後、クレジットカード決済代行会社にヘッドハンティングされ、決済システムの刷新・
国内外の銀行システムとの接続・クライアントのECサイト構築を行う。
また、社内の組織改革を任され、20名から60名へ会社規模を拡大。(退任時役職:常務取締役)

2008年クリエイティブチーム・サンクユーを立ち上げ、2010年に株式会社サンクユーを設立。

クライアントの業界、取扱商材、ターゲット顧客を理解することで、結果が出るWEBサイトを提案・制作。
ECサイト構築・運営への造詣も深く、NTTレゾナント株式会社が運営するgoo Search Solutionでコラムを執筆。
ECマーケティングレポート | goo Search Solution – ECサイト内検索・商品検索サービス
タイトルとURLをコピーしました