EC-CUBEの注文フローを短縮すれば注文率はアップする

EC-CUBEの注文フローを短縮すれば注文率はアップする EC-CUBEカスタマイズ
この記事は約2分で読めます。
株式会社サンクユーはEC-CUBEに強い制作会社で、EC-CUBE構築EC-CUBEカスタマイズが得意なEC-CUBEインテグレートパートナーです。
本コラムではEC-CUBEカスタマイズ事例やEC-CUBEに関する情報を発信しています。
今回のテーマは『EC-CUBEの注文フローを短縮すれば注文率はアップする』です。

EC-CUBEの注文完了までのステップ数(ページ数)が多い。
何とかなりませんか?というご相談を頂きます。

EC-CUBEのカートページから注文完了までの標準フローは以下の通りです。
1)カートページ

2)お届け先の指定

3)お支払方法・お届け時間等の指定

4)ご入力内容のご確認

5)クレジットカード情報入力

6)注文完了画面

全6行程。
確かに、注文行為に関するページ遷移として多い方ですね。。。

遷移するページが多ければ多いほど、サイトからの離脱は増えます。
せっかく商品をカートにいれてくれているお客様をみすみす逃すことになります。

そこで、フローを短縮するカスタマイズを実施致しました。
1)カートページ

2)お届け先の指定/お支払方法・お届け時間等の指定/クレジットカード情報入力

3)ご入力内容のご確認

4)注文完了画面

EC-CUBBEをカスタマイズし、全4行程までカートを短縮しました。

上記カスタマイズ実施後、注文率は上昇し売上アップ致しました。

実際の画面は以下のようになります。
通常、クレジットカード決済は、クレジット決済代行会社のモジュールを利用するので、別画面となりこのような画面は無理です。
(入力確認画面の後にクレジットカード情報入力画面が表示されますが、サイト離脱の大きな要因になっています。)

弊社がカスタマイズすれば、お届け先、お届け時間、支払い(クレジットカード情報入力)すべての情報を1ページ内で入力することが可能です。
EC-CUBEの注文フローを短縮

タイトルとURLをコピーしました