EFOで入力フォームを改修すれば、ECサイトからの離脱は減り売上がアップする

EFOで入力フォームを改修すれば、ECサイトからの離脱は減り売上がアップする EC-CUBEカスタマイズ
この記事は約5分で読めます。
株式会社サンクユーはEC-CUBEに強い制作会社で、EC-CUBE構築EC-CUBEカスタマイズが得意なEC-CUBEインテグレートパートナーです。
本コラムではEC-CUBEカスタマイズ事例やEC-CUBEに関する情報を発信しています。
今回のテーマは『EFOで入力フォームを改修すれば、ECサイトからの離脱は減り売上がアップする』です。

EFOとは?

EFOとはエントリーフォーム最適化(Entry Form Optimization)の略称です。
入力フォームを最適化して、ユーザが入力し易いようにしようという施策のことを指します。

最近、注目を浴びているサイト施策となります。
サイトにとって、集客が一番重要です。
しかし、様々な集客を施策した結果サイトを訪れたユーザが、入力フォームで離脱することも少なくありません。
せっかく集客にコストを投じたにも関わらず、フォームが原因でCV(コンバージョン)がなかなか上がらないと、集客の効果を最大限にすることができません。

そこで、入力フォームを入力しやすくするEFOが注目されるようになりました。

ですから、EFOはCVR(問い合わせ率、注文率、会員登録率)をアップすることが目的で導入されます。

サイト離脱率はフォームが一番高い

サイト上で一番面倒だと思う行為はなんでしょう。

それはフォームへの入力です。
サイトのアクセス解析をしていれば分かりますが、フォームの離脱率は他のページよりも群を抜いて高いです。
特に、スマホでのフォーム入力はPC以上に面倒です。

会員登録の際には会員情報を、商品をクレジットカードで購入する場合はクレジットカード情報を入力する必要があります。
サイトにおいて、ユーザに手間をかけさせるページは必ず離脱が発生します。
しかも、会員登録フォーム、クレジット情報入力フォームはサイトからなくすことができないものです。
放置しておけば、フォームの離脱率を下げることはできません。

そこで、ユーザの手間を最小限に抑え、かつ入力サポートを最大限にするEFOで改善すれば、離脱を防ぐことができます。
また、PCサイトよりも離脱率が高いスマホサイトへEFOを導入することで、より効果が実感できます。

では、エントリーフォーム最適化とは具体的にどのような施策があるのでしょうか。

入力必須の項目を明確にする

入力が必須の項目の場合、[必須]と記述されていることが多いですが、ユーザの目に止まらないことが多いです。
どの項目が入力必須なのかをしっかり伝えることによって、ユーザのストレスを軽減させることができます。
下の例は、必須項目をみ入力のまま、次の項目にカーソルが移動するとエラーがリアルタイムで表示します。
入力必須の項目を明確にする

この例以外では、初めから必須項目すべてを反転させておくことも可能です。

氏名漢字を入力すると、ふりがなが自動でセットされる

氏名を漢字とふりがなで入力するサイトは多いです。
ユーザは同じ氏名にも関わらず、漢字とふりがなの両方を入力する必要があります。
通常、漢字を入力する場合は、一旦ひらがな入力し、その後ひらがなを漢字に変換します。
サイト上で、変換される前のひらがなを記憶しておき、ふりがなに自動セットすることで、ユーザがふりがなを入力する手間を省きます。
もちろん、サイトでカタカナに変換して、フリガナにカタカナを自動セットすることも可能です。
氏名漢字を入力すると、ふりがなが自動でセットされる

郵便番号入力し、タブ移動すると住所が自動でセットされる

郵便番号から自動で住所をセットする機能は、どのサイトにも実装さています。
EFOでは、郵便番号を入力後にタブ移動するだけで(カーソルが郵便番号から移動するだけで)、住所が自動でセット致します。
郵便番号入力し、タブ移動すると住所が自動でセットされる

メールアドレスを1つにする

いまだにメールアドレスの入力欄が2つあるサイトは多いです。
同じ情報を2回入力させるのは、ユーザにストレスしか与えません。
そろそろメールアドレスは1つだけで良いのではないでしょうか。
メールアドレスを1つにする

メールアドレスを入力する際に、ドメインの候補が表示される(ドメインアシスト)

メールアドレスを入力する際に、ドメインの候補を表示し自動で補完する機能です。
ユーザはドメイン以降の情報を入力する手間が減ります。
メールアドレスを入力する際に、ドメインの候補が表示される(ドメインアシスト)

エラーはリアルタイムで表示する

通常であれば、確認ボタンをクリックすればチェック処理が実行され、エラーがある項目はエラー表示されます。
しかし、エラーがある項目が上部にあると、ユーザは上に戻らなければいけません。
また、エラーが複数ある場合は、1つずつ修正していかなければいけません。
上部に戻ることも1度に複数のエラーを修正することも、ユーザにとっては心理的にかなり面倒な行為です。
そこで、エラーがある場合は入力時にリアルタイムで通知することで、ユーザの心理的負担を軽減します。
エラーはリアルタイムで表示する

ページを離脱しようとすると警告を表示する

注文フローなどで誤ってページを閉じてしまった場合、ページを閉じてしまったことが切欠で購入意欲をなくしてしまうユーザがいます。
その為にも、ページが閉じられようとした際に警告を表示することによって、誤ってページが閉じられることを防ぎます。
ページを離脱しようとすると警告を表示する

ECサイトにEFOを導入することによる効果

ECサイトのフォーム入力はどのようなものがありますでしょうか。

  • 会員登録フォーム
    会員登録をしなくても、それに等しい情報の入力は必要です。(氏名、住所、電話番号etc.)
  • お届け先入力フォーム
  • クレジットカード情報入力

他のサイトに比べて、ECサイトの方が明らかにフォームは多いです。
EFOの導入効果が一番あるのがECサイトと言えます。

ECサイトへのEFO導入効果は、サイト離脱率低下による売上アップです。

EC-CUBEのEFO

では、EC-CUBE(標準)のEFOにはどのようなものがあるのでしょうか。

郵便番号を入力し、[自動入所入力]ボタンをクリックすると、住所が自動で入力されるのみです。
上述のような、タブ移動で自動セットされる訳ではありません。

EC-CUBEのEFOは貧弱と言わざるを得ません。

EC-CUBEへのEFO導入事例

そんな、EC-CUBE標準のEFOですが、カスタマイズすれば高度なEFOを実装することが可能です。
もちろん、弊社にはEC-CUBEにEFOを導入した事例がございます。
EC-CUBEのバージョンに限らず、導入することは可能です。

EFOのツール

現在、EFOのツールはたくさんあります。
月額利用料を支払ってEFOを導入するサービが多いですが、システムを改修してEFOを導入すれば、カスタマイズ費用だけで月額費用は発生しません。

まずはどれくらいの効果があるかを低予算で確認するのでしたら、ツールASPを利用された方が良いかと存じますが、末長くEFOを利用するのであれば、ECシステムをカスタマイズしてしまった方がトータル的にコストを抑えることができます。

タイトルとURLをコピーしました