ランサーズ(Lancers)で不正に実績を重ねて高評価レビューを得ているランサーがいるのでは?とつい疑ってしまう出来事がありました

ランサーズ(Lancers)で不正レビューを疑ってみた WEB制作・集客
この記事は約3分で読めます。

ランサーズ(Lancers)とは

ランサーズ(Lancers)とは日本初のクラウドソーシングサービスです。
ランサーズ(Lancers)

クラウドソーシングって?

クラウドソーシングは英語でcrowdsourcing
crowdsourcing=crowd+sourcing
crowd=大勢、群衆
sourcing=契約業務、部品調達

社内で足りていない業務・人員を大勢の方から補うこと。
と言っても良くわかりませんね。。。

もう少し丁寧に言えば「不特定多数の人に業務を委託する雇用形態」です。

で、ランサーズはクラウドソーシングをサポートするサイトです。
ランサーズのサイトに記載がある『「仕事を依頼したい人」と「仕事を受注したい人」が出会える、安心・安全のお仕事マーケットプレイスです。』が分かりやすいですね。

ランサーズやクラウドワークス(CrowdWorks)の普及のおかげで昨今サラリーマンの副業が盛んになっています。
また、営業活動をしなくても、ランサーズやクラウドワークス経由で仕事を請けることが可能なので、フリーランスの方が多く利用している印象があります。

仕事を依頼する際は相手の実績を見る

外部の企業や人に仕事を依頼する際、何を基準にしますか?
私はまず実績を見ます。

  • 依頼したい仕事と同等の実績があるか
  • 実績数は多いか
  • 実績(仕事)の質は良いか

など。
その次に見積りです。
その次は連絡スピードです。
その3点は必須の評価基準です。

あとは連絡を取りながら弊社の業務スタイルに合いそうかを判断して仕事の委託先を決定します。

ランサーズで仕事を依頼する際は実績と評価が大切

もちろんランサーズで仕事の委託先を決定する際も同様だと思います。

ただ、ランサーズには「実績」の他「評価」と「完了率」と項目があり、より細かく判断をすることが可能です。

  • 実績:過去に行った仕事内容。どれだけの仕事をランサーズで行ったか。
  • 評価:仕事相手からの評価。5段階評価の平均値が表示される。
  • 完了率:受注した仕事のうち、支払い確定まで完了した仕事の割合。

ランサーズでは評価があるので、実績と同様に評価内容で判断すべきです。
ちなみに弊社は評価4.7以上でないとお取引しません。

ランサーズで怪しい実績と評価が付いているので不正レビューを疑った

先日、ある法人ランサーから提案メールを頂きました。
(ランサーとはランサーズで仕事を請け負う方・企業のことを指します)
せっかく提案を頂いたので、そのランサーの実績を拝見したのですが下の画像のようにとても素晴らしい内容でした。
ランサーの実績・評価
しかも、認定ランサーです。

認定ランサーとは

「認定ランサー」とは、ランサーズに登録しているプロの中から、ランサーズが定める基準をすべて満たしたランサーのことで、返信速度・納品実績・獲得額・高評価などの条件を満たしたランサーのことです。
認定ランサーとはなんですか?(発注者向け)
認定ランサーとは

この認定ランサーにとても興味を持ったので、実績を詳細を見ることにしました。
仕事の受注金額がほぼすべて300〜400円。
2018年8月13日の日付が30件弱ですべて直接依頼。
ランサーの実績詳細1

ランサーの実績詳細2

ランサーの実績詳細3

偏り過ぎてませんかね?
しかも開発の仕事で300〜400円てあり得るんでしょうか?

あくまで個人的な見解ですが、ついついレビューの不正行為を疑ってしまいます。
仮に不正だとします。
300円の仕事を100件で30,000円。
30,000円で信用を得られるのであれば安いですよね。
いや、あくまで仮の話ですよ。。。

触らぬ神に祟りなしなので、この認定ランサーからの提案は却下することにしました。
私なりのリスクヘッジです。

タイトルとURLをコピーしました