モジュールやプラグインが対応していない場合に、EC-CUBEをダウングレードすべきか否か

モジュールやプラグインが対応していない場合に、EC-CUBEをダウングレードすべきか否か EC-CUBEカスタマイズ
この記事は約2分で読めます。
株式会社サンクユーはEC-CUBEに強い制作会社で、EC-CUBE構築EC-CUBEカスタマイズが得意なEC-CUBEインテグレートパートナーです。
本コラムではEC-CUBEカスタマイズ事例やEC-CUBEに関する情報を発信しています。
今回のテーマは『モジュールやプラグインが対応していない場合に、EC-CUBEをダウングレードすべきか否か』です。

EC-CUBEのダウングレード

EC-CUBEをダウングレードしたいというお問い合わせがありました。
通常、EC-CUBEをダウングレードしたいというご要望は頂かないので、不思議に思いました。
理由をお伺いすると、以下のような回答が返って来ました。

EC-CUBEのダウングレード理由

ダウングレードしたい理由をお伺いすると、EC-CUBE2.13.5でECサイトが構築されているが、利用したいモジュールが2.13.1までしか対応していない為だとのことでした。

あー、なるほど。
利用したいモジュールが古いEC-CUBEにしか対応していないので、古いバージョンに戻せばモジュールが利用できますよね。

でも、これって間違った対処法です。

モジュールやプラグインが対応していない場合

上記の場合、EC-CUBEをダウングレードするのではなく、モジュールを2.13.5で動作するよう改修することで解決致します。

EC-CUBEをダウングレードすることで以下のリスク・デメリットがあります。

  • 既にインストールしているモジュールが動作しなくなる
  • バージョンダウンすることで、使えていた機能が使えなくなる
  • 2.13.5で対応されていた脆弱性が再発する
  • 2.13.5で対応されていた不具合が再発する

上記のようにEC-CUBEのバージョンをダウンすることで様々なトラブルが発生する可能性があります。

もし、利用したいモジュールやプラグインが古いバージョンしか対応していない場合は、EC-CUBEをダウングレードするのではなく、モジュール・プラグインを改修することで問題なく利用することが可能です。

タイトルとURLをコピーしました