WordPressとMovable Type。違い、メリット・デメリットを徹底解説。

WordPressとMovable Typeの違いとは?両者の強み、メリット・デメリット、使い分けなどご説明します。 WEB制作・集客
この記事は約6分で読めます。

WEBサイトには2種類ある

WEBサイトの作り方として大きく分類して2種類あります。
ユーザーが簡単にページを更新できる機能が付いているサイトと機能がないサイトです。

WEBサイトに更新機能を追加するということはプログラム開発が必要となります。
プログラム開発が必要になると予算・スケジュールともに大幅に増加します。

更新度が高いサイトであれば、ユーザーが簡単にページを更新できる方が便利です。
また、メンテナンスする会社や担当者がいる場合や更新度が低いサイトの場合、予算が少ない案件であれば、更新機能をつけないことが多いです。

WEBサイトに更新機能を簡単に追加できるCMS

WEBサイトに簡単に更新機能を追加できるCMSというものがあります。
CMSはContents Management System(コンテンツ・マネジメント・システム)の略で、WEBサイトのコンテンツ(ページ、画像、デザインなど)を管理するシステムです。

CMSでできること

CMSではコンテンツを管理できると言いましたが、CMSで具体的にどのようなことができるのか。

  • サイトのデザインを管理できる
  • サイトの文言を変更することができる
  • ヘッダーやフッターなどの共通エリアを1箇所で管理できる
  • 画像や動画をアップロード、削除することができ、一覧管理することも可能
  • 新着情報、商品情報などの情報を管理画面から追加できる
  • サイトのバックアップ・復元を行うことができる

上記のような作業をCMSで一括で行うことができます。
その為、CMSを利用することでゼロからプログラム開発をすることなく簡単にWEBサイトに更新機能を実装することができます。

ちなみに、CMSは「WEBコンテンツを管理するシステム」ですので、WEBサイトだけでなくECサイトや不動産サイトなどのCMSもあります。

ECサイト用CMSとして有名なものにEC-CUBEがあります。

【徹底解説】EC-CUBEとは?特徴・機能・メリットとデメリット
EC-CUBEとは?EC-CUBEの特徴・機能・メリット・デメリットなど初心者でも分かりやすくご説明します。EC-CUBEとは?今、注目されているEC-CUBE。本コラムでは初心者の方にも分かりやすく説明したいと思います。EC-CU...

CMSを導入するか否かの判断基準

WEBサイトにCMSを導入する否かの判断基準は以下になります。

CMSを導入した方がよいサイト

  • サイト規模が大きいサイト
  • 更新頻度が高いサイト
  • 新しいコンテンツ(ページ)を作成する頻度が高いサイト
  • サイト管理を簡潔に正確に行いたいサイト

CMS導入の必要がないサイト

  • サイト規模が極めて小さいサイト
  • 更新頻度が極めて低いサイト
  • 新しいコンテンツ(ページ)を作成する頻度が極めて低いサイト
  • サイト管理を属人的に行えるサイト

2大CMSのWordPressとMovable Type

日本でよく利用されている2大CMSがあります。
WordPress(ワードプレス)とMovable Type(ムーバブル・タイプ)です。
いずれもCMSですので、基本的な機能は同じです。
しかしそれぞれに特徴・メリット・デメリットがあります。

WordPressとMovable Typeの特徴・メリット・デメリット、使い分けなどをご説明いたします。

WordPressとは?

WordPressとは、どのようなCMSでしょうか。

ブログから大規模サイトまで作れる CMS - WordPress.org 日本語
簡単に美しいサイト、ブログ、アプリを作成するのに使えるオープンソースソフトウェア。

WordPressの特徴・メリット・デメリットをご説明します。

WordPressの特徴

WordPressはオープンソースのCMSシステムです。
その為、WordPressは無償で利用できます。

2003年から提供されており、WordPressで作成されたWEBサイトはインターネット上の42%を占める言われています。
世界中のWEBサイトの4割がWordPressを採用していることになります。

プラグインによって機能拡張が容易で、その多くが無償で配布されています。
比較的低予算でCMSサイトを構築できることが特徴です。

また、プラグインを利用することで様々なサイトを作ることができます。

  • 個人ブログ
  • 企業サイト
  • ニュースサイト
  • 不動産サイト
  • 予約サイト
  • ECサイト

WordPressは動的にページを生成されます。
ユーザーからアクセスがある度に、WordPressはページを生成して表示する仕組みです。

WordPressのメリット

WordPressのメリットは以下が挙げられます。

  • WordPressを無料で利用できる
  • 無料のプラグインが公開されている
  • 多くのプラグインが公開されている為、開発作業が不要で様々な機能を追加できる
  • Web上にノウハウが公開されており、WordPressを扱う難易度が低い

WordPressのデメリット

WordPressのデメリットは以下が挙げられます。

  • 無料の為サポートがない
  • プラグイン同士が競合してプラグインが正常に動作しない恐れがある
  • セキュリティに弱いプラグインが存在する
  • シェアが世界一の為ハッカーに狙われやすい
  • 動的にページを生成する為サイト速度が遅い傾向にある

Movable Typeとは?

一方、Movable Typeとは、どのようなCMSでしょうか。

CMS プラットフォーム Movable Type - クラウドもオンプレミスも幅広く対応可能なCMS - Six Apart
CMSプラットフォーム Movable Type 公式サイト。簡単、安全にウェブサイトを更新・運用でき、コンテンツ・マーケティングにも最適。充実の機能と豊富なソリューションで、ブログから大規模サイトまで幅広く対応します。

Movable Typeの特徴・メリット・デメリットをご説明します。

Movable Typeの特徴

Movable Typeはシックス・アパート社が開発しているCMSで、有料で販売されています。
2021年7月現在、ライセンス料は99,000円(税込)です。
ライセンス料の支払いは初回のみですので、99,000円でMovable Typeが永遠に利用できます。

シックス・アパートによるサポートを受けることが可能です。
トラブルや不具合などの問い合わせに対応して貰えます。

また、プラグインの数が少なく、独自開発が必要となるケースが多いです。

WordPressとは異なり、ページは静的に生成されます。
サーバ上にHTMLファイルとしてページが存在する為、大量アクセスにも耐えることができます。(サーバ・スペックにもよりますが)

Movable Typeのメリット

Movable Typeのメリットは以下が挙げられます。

  • シックス・アパートのサポートが充実している為、利用に際して安心感がある
  • WordPressに比べてセキュリティに強い仕組み
  • サイト速度が早い
  • 大規模サイトでも耐え得る

Movable Typeのデメリット

Movable Typeのデメリットは以下が挙げられます。

  • プラグインの数が少ない為、独自開発が必要となる場合が多い
  • Movable Typeを扱える制作会社が少ない
  • WordPressに比べるとサイト構築費用が割高になる傾向にある

サンクユーはWordPress、Movable Typeいずれも対応可能

ちなみに、弊社ではWordPressもMovable Typeも取り扱うことができます。

サンクユーが初めてCMSを取り扱ったのは、Movable Typeでした。
2010年から2015年まではMovable TypeをメインでCMS構築を行なっていました。
コーポレートサイト、不動産サイト、ブログなど数多くのCMSサイトを構築しました。

2016年以降は、WordPressの認知度が一気に上がったこともあり、WordPressでのCMS構築が増えました。
WordPressではコーポレートサイトをメインに構築しました。

2021年現在も、WordPressとMovable Typeのカスタマイズを行なっています。

WordPressとMovable Typeの使い分け

弊社の印象では、規模の小さい企業サイトや公開期間が限られているサイトはWordPressを、大きな企業サイト(上場企業)やセキュリティに対する意識が高い企業はMovable Typeを採用しています。

上述の通りいずれもメリット・デメリットがあります。
メリット・デメリットを理解した上で、御社にマッチしたCMSを選択することをおすすめ致します。

タイトルとURLをコピーしました